*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Cairnsまであと6日。
最終回は、ウッチーの命名により“隊長”と呼ばれることが浸透してしまった田中です。
Cairnsに訪れるのは21年前の新婚旅行以来となります(懐かしいなぁ)。

さて、僭越ながらTRIONの代表ということもあり、昨年11月のチーム結成以降の出来事を少し振り返りながら記事にします。

練習会(通称鬼練)は、冬場はマラソン、3月以降はバイクを中心にほぼ毎週開催し、マラソン大会参戦や飲み会なども通して、メンバー相互の親睦が深まると共にレースに備えた体作りは順調に進みました。特に競技歴の浅いメンバーの実力向上は目を見張るものがあります。
メンバー全員がチームコンセプトに掲げた「各エイジの頂点に挑戦し続ける」ことを真摯に捉え実践している様子が窺え、大変嬉しく思います。
個性豊かなドMのメンバーも総勢23名になりました。
またサポーター各社にもご支援いただき、チームユニフォーム、ホームページ&ブログ、ポロシャツ、ステッカーなども完成し、世界中のトライアスリートにアピールする準備も整いました。

今回のCairnsの参戦メンバーは、もちろん全員がハワイのクオリファイを目指しています。既に各メンバーの意気込みは報告済みですが、改めて私からもコメントさせていただきます。(セイさんは仕事の都合で急遽DNSになりました。)

りょうちんのスイムの実力は言うまでもありませんが、バイクもちょこっと一緒に練習しただけで急成長してしまいました。末恐ろしい若者です。(年寄りの多いTRIONでは30才代前半は若者なのです。)

カオルさんは、毎週(毎日?)ほぼ全ての練習会やイベントに出没する変態(失礼)です。その甲斐あってバイクの実力は急成長。根性もあるので、今や男性メンバーもタジタジです(汗)。

龍太くんのランの切れ味はトライアスリートのトップクラスです。35-39のスロットは比較的多いので、可愛い息子のためにもハワイを手堅く決めてくれるでしょう。

そしてTRIONアドバイザーの絵美プロも参戦。新婚パワーでハワイのポイントをガッツリ稼いで欲しいです。

最後に私自身でありますが、このように素晴らしい仲間と共に迎えるIM Cairnsは、TRION団体戦のデビュー戦と捉え臨みます!
レース中の仲間同士の励ましや日本に残ったTRIONメンバーの“念”をしっかり受け止め、レース終盤の粘り繋げたいと思います!
体とバイクは老朽化しているものの、目標タイムは9時間30分に設定です!(あっ、言っちゃった。)

では皆さん、レース結果をお楽しみに!

P5280009 (480x360)

レースウェアとTRIONオリジナルカラーのOGKヘルメット。これでレースに臨みます!


スポンサーサイト

アイアンマンを(正確にはトライアスロンを)ちゃんと始めて3年目。1.2年目でようやく身体のベースができ、自分の感覚に近い動きができるようになってきただけに、何としてもレースに出たいと思っていた。でもエントリーできるレースもなく「今年はIMレースに出れないな」と思っていたところに急遽発表になったこのレース。
発表当日家族に相談前にすでにエントリーしてた。


2010年はCHINAで実力ないのに運よく(?)厳しい条件となり、おかげでスロットをゲット。KONAでは右も左もわからぬまま楽しむことだけ考えレースした。
2011年はKOREAで確実にゴールすることだけ考えレース。KONAでは練習できてないくせに“2010年以上”を狙い自滅。絶対にやっちゃいけない内容のレースをやってしまった。
3年目の今年こそはKONAで納得のいくレースをしたい…。


自分のレースはランからスタート。いつもそんな感じ。なら、そのランをもっと磨こう。と、秋からランを集中的にやってきた。おかげで自分の感覚に多少近い動きができるようになってきてる。速くはなってないかもしれないけど確実に強くはなってる。どんな状況にも対応できる自信はある。その結果をレースでしっかりと出そうと思う。狙うのはランでサブ3。それができれば絶対結果はついてくるはず。

クオリファイは獲ってきますよ。そのためにやってるんだし!今年は家族も(特に息子が)KONA行きたいらしいし。息子に必死にもがいてレースしてる父親の姿を見せるためにも、まずは権利獲らなくちゃ。


自分を過信することなく、でも誰よりも自分のことを信じぬいてレースします!


まずは、レース前の食事で腹壊さないようにしなきゃ(笑) リュウタ

  










りょうちんのカウントによると、ケアンズまで後8日。

あまり面白い文章はかけませんが・・・。

HAWAIIに行きたい!という目標でトライアスロンを始めたのに、
挑戦しようと思った2010年にJapanが中止。
3年目にしてやっとIRONMANのLongデビューすることが出来ます♪

なので、意気込みといわれても、嬉しさが優先して
『とにかく楽しみたい♪』
としか今は言葉が出てきません。

今、私には応援してくれる、同じ目標を持っている心強いTRIONの仲間がいます。

練習でいつも落ちこぼれている私

ぜんぜん付いていけないのに誉めてくれて、
落ち込んでいれば励ましてくれて、
分からないことがあれば色々教えてくれて、
悩んでいればアドバイスくれて、

そして、我儘な注文ばかりの私にいつも親切に対応してくれるominoways

トライアスロンを通じて、こんなに素晴らしい仲間に出会えるとは思いませんでした♪

本当にみんなには感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな仲間の応援に答えられる結果を出したくて私なりに練習を積んできました。
でも、計りようが無いので、自分がどのくらいのレベルなのか、全く分かりません。
体調もスタートしてみないといつも分かりません。

結果を出したくて力みすぎで失敗した経験もあるし。

今は、スロット云々は頭の隅に置いといて。

楽しかったレースには必ず結果が付いてくる!と信じているので。

とにかく、仲間の応援に答えられるよう、練習の成果をしっかり出して楽しいレースを、

そして笑顔でゴールしてきます♪


Kaoru


ケアンズまで9日
りょうちんことおおはたです。
“りょうちんこ”ではありません。
りょうちんです。
せいさんに引き続きケアンズに向けて意気込んじゃいます!!
(本来なら昨日書くはずでしたが当直明けで。。。ちーん)

3月にチャレンジケアンズからアイアンマンに格上げ?したこの大会に気まぐれでエントリーし、駄目元で職場の上司(教授)に話したところ快く了解をいただいたところから、コナへのスロットを意識するようになりました。
それまではなんとなくトライアスロンの練習をしいつかはコナへと思っていた矢先のチャンスだけに、3月以降自分なりに練習をしてきたつもりです。同時にトライオンとの出会いがよい刺激になり自分を鼓舞させてくれたのは間違いありません。Thank you Trion,Viva Trion♪今回のアイアンマンは人生初なのでコナも狙っていきますが、大会自体を楽しんでいきたいと思っています。

さて、せいさんも記載していましたが、自分とトライアスロンの軌跡を綴ってみたいと思います。

まずは研修医2年目の2008年。
仕事にも慣れ、何か仕事以外に熱くなれることがしたいと大学時代の先輩と話したところ、トライアスロンやってみない!?と軽ーいノリで意気投合しロードバイクを購入。
そして2009年トライアスロンデビュー@幕張(スプリント)
その後2009年ショート、2010年スプリント、ショートに出場。
ミドル、ロングへの想いはあったものの踏み出す勇気がなく。。。
2011年に入り、20代最後の思い出としてロングに出てみようと決意をし佐渡Aにエントリー。
結果はまさかの34位(age2位)。
自分では完走できればいいや的なモチベーションでいただけに、次はアイアンマンだ!!とアイアンマンへの憧れが強くなってきました。
まずはTTバイクをと思い、ceepo viperを購入。
佐渡で副キャプテンことチャライオンさん(笑)との運命的な出会いをはたし、team trionに加入。
そして今に至ります。
ロングトライアスロンデビューして1年も経っていない自分がトライアスロンを通じて様々な方に出会い、刺激を受け、トライアスロン中心の生活に満足していることに1年前には想像だにしませんでした。
2012年は自分にとってはアイアンマンデビュー年。
スタートをきったばかりのひよこちゃんですが、皆さんと共にトライアスロンをきわめていきたいと思っています。
まずはケアンズで鮮烈なデビューを飾ろうと思っていますので、皆様、応援のほどお願い致します。

以上
駄文で申し訳—(チャライオンさん風)
下ネタ反対党、りょうちん(こ)でした。
次は薫さん、お願いします。

ランナーズの「全日本マラソンランキング」が発表となりました。
なんとTRIONからは8名が100位以内にランクインしています。

【女子】
田村 42歳  2位 2:48:09 東京
鈴木 42歳 38位 3:14:39 名古屋

【男子】
桜井 36歳 18位 2:34:39 別大
田原 41歳 77位 2:49:32 つくば
各務 41歳 97位 2:52:01 館山
田中 48歳  6位 2:39:38 別大
古畑 49歳 76位 2:57:50 大田原
丸   56歳 19位 3:00:34 板橋

冬のマラソンはトライアスロン強化の一環として取り組んでいるメンバーが大半ですが、これを励みに来年も多くのメンバーがランクインできるよう精進していきましょう!

SH3C0057 (227x320)

written by 隊長

こんばんは。た〜はらです。
稚拙な文章はお許しください。

天気最高!
波も風もほとんど無し!
そんな素敵な条件で始まった新島トライアスロン。
スイムは悩んだ末のロンジョン。やはりショートのトランジションはスピード命でしょ!
第1ウェーブで出場の平野選手が流石の猛烈スピードで一周目を終える直前、砂浜からのrunningスタートは、心拍上げすぎないように、慎重に外側から入水を試みる。
ちゃんと新島の海は底が見えるんですよ♪
今回の作戦は、後半あげていこうってことで、前半は比較的のんびりな感じで、周りに気を使いながら泳いでいると、あっという間にスイムトップの平野選手に抜かれる。その後は先のウェーブでスタートした選手をパスし、なんとかスイムアップ22位。
 
バイクは初め海岸線の直線コース、そこから応援の多い街に一度入り、まただらだらと長い登り、そして適度なアップダウンを3周回。
アップダウンや急なコーナーが多いため不馴れなTTではなく、ロード+ディープなホイールで挑む。
今回は得意の短い距離なので、後先考えずに始めから飛ばす。途中でつりそうになるも、チームメイトに声をかけながら誤魔化し、バイクラップ7位。
 
そして、ラン!
しか~し、ここに来て先週の100Kmトレランの疲れが…汗
全然上がらないスピード、つりまくる両脚、何度か追い付け追い越せの大学生達とのデッドヒート。因みに彼らは先のウェーブスタートなため、記録的には数分のアドバンテージあり。
やっぱり、新島のランコースはキツいぜ的なコースを走り抜け、タイムはお~いなかんじで7位。
 
そして、表彰式。
総合順位6位で呼ばれたのは、た~はらさん!
新島ガラスのトロフィーも良いじゃない?!
平野選手は5位と奮わず。優勝は4連覇の篠崎選手は流石の2時間切り。
 
アワードパーティーで海の幸を堪能した後は、宿に戻り引き続き、BBQ大会!第4の種目は誰よりも弱く、早めにノックダウンの夜でした…

今回得たのは、やはりTRIONのメンバーとのバイク練習で大分力が付いたのを実感できた事。
これからも宜しくお願いします。

こんばんは、セイです。
ケアンズに向けての意気込みブログ一発目をご指名いただき光栄です。

TRIONに入れていただく前までは、練習といえば一人でまったりペースばかりでしたが、
3回のバイク練習で皆さんに刺激をいただき、いままでの自分の甘さを感じました。

アキレス腱も万全でなく、ここ1ヶ月はランはほとんど練習できていませんが、
逆に脚休めになったとポジティブに考えています。

お土産はハワイのスロットです!といいたいところですが、
自分の状態は自分が一番よくわかっています。
まだ実力が足りません。しかし、上を目指す気持ちは負けないです。
最後まで諦めず走りきり、最低でもIMのPB10:13は更新します!

D3S_4823.jpg

メンバーに入れていただいたばかりなので、以下自己紹介です。
<2003年>
30歳の時、運動もろくにせず、毎晩飲んでいた不摂生から、
健康診断でこのままでは痛風になるよ!
と医者に脅され、いやいやジョギングを始めました。
昔から走ることは大っ嫌いでしたが、続けているうちに意外とジョギングは楽しい。
せっかくジョギングするならレースに出よう、5キロ、10キロといわずにいきなりフルマラソンだ!。
ジョギングを始めて半年後の福知山マラソンで3時間半くらいで無事完走。そのまま、ドM世界にまっしぐら。
<2004〜2006年>
ドMの次の世界はトライアスロンだ。でもどうせならロングの鉄人レースを完走したい、
ということで2004年に珠洲Aタイプでトライアスロンデビューして、2005年に佐渡Aを無事完走。
2006年に五島IMに参加して、Mドット信者となり、IMハワイに行きたい!。と更なる上を目指すことに。
<2007年>
IMマレーシア、ジャパン、コリアと連戦して、コリアでは総合34位、エイジ5位。
レース前の情報ではスロットが5つでしたが、4つに減り、ロールダウンもなしでハワイは幻に、、、。
<2008年〜>
前年のIM3連戦で体が悲鳴を上げたのか?アキレス腱鞘炎を発症し、
なかなか満足な練習、レース結果は残せず、最近伸び悩んでいます。

が、皆様、応援のほどよろしくお願いします。
明日はりょーちん、お願いします。

長文、乱文失礼しました。

 (お)セイ


さてさて、週末の大練習会の高揚感と体の芯にべっとりと残る疲労感の中、気が付けばIM Cairnsまであと12日。
今回Team TRIONからは5名のメンバーがIM Cairnsに出場します。

そこで、出場メンバーが日替わりでちょろっと抱負なんぞを綴る短期連載企画、題して「IM Cairnsと私」が明日からスタート。
気になるあの人はどんな想いでレースを走るのか?「IM Cairnsと私」を読んで、IM Liveで応援しよう!

第1回の明日はメットの下のバンダナがトレードマークのセイさんが寄稿予定。
Don't miss it!

TRIONネイビー組(別名:白井派)・川島隆です。
田中隊長よりブログアップを命じられ、光栄です!

これまで、川島・田村は「TRIONの鬼練って、凄いらしいねえ、行ってみたいな。でも遠いし・・・」と、うまく鬼練から逃げてました。しかし、あろうことか、隊長・江夏夫婦に本拠地・筑波に乗り込まれ、「たまには来い!」とお叱りを受け、行かざるを得なくなりました。

 いよいよ当日。3:30に起床(まるでレースの朝)、田村車で矢野口駐車場に向かうと、御大との待ち合わせ1時間前の5時過ぎに駐車場に到着してしまった。「あ・・結構近いんだね、ハ、ハハ・・・」なんて3人で苦笑いしながら二度寝に近いゆったり感。外は、早朝からサイクリストが何人も通り過ぎる。この周辺はBIKEのメッカか?そういえばベルディーの本拠地だ。

 そうこうしていると、隣に静かに車が止まり、CEEPO VIPERを取り出す。出た!大畑鬼。続いて、ひげを生やした御大鬼到着。そして江夏鬼sが「先行きます!」と通過していく。慌ててバタバタ準備をし、御大先導で江夏鬼sを追跡。せっかく早く着いたのに何してたんだ、俺達。
 尾根幹(でいい?)のROLLING HILLを最初からかなりのペースで走り、車の多い狭い道を進んでいく。ふと信号待ちで後ろを見ると、ゲゲ!鬼が二匹増殖してるではないか!!洋平鬼と王子鬼のyoung鬼s。途中から御大鬼に「先頭行ってもいいんだぞ」と遠回しに強制され、スゴスゴと先頭を引かさせれる王子鬼。自分の若い頃を思い出し、同情、いやいや懐かしかった。

 そして集会の待ち合わせ場所=牧野ヤマザキへ。どこから沸いてきたのか、わんさか鬼が集結。みなニコニコしてるが、これから始まる戦闘に緊張感がありあり。カメラマンとして参加という、ランボーさんだけはリラックスした雰囲気が感じられたが、走ってみると・・・中身は同じ色の血が流れるreal鬼だった!そんな中、ネイビー組主将の白井鬼は朝から「東京スカイツリーアイス」をしゃぶりながら、大声でトーク炸裂。まさか朝から飲酒運転?美しい橋で集団走行写真を撮影(byランボーさん)したら、いよいよ戦闘開始!
橋通過

今日はタラタラいけば良いかと軽く考えていたが、気付くと、ゴーイチ鬼率いる鬼集団に巻き込まれる。「みんな一度は先頭引いてね~」と優しく檄を飛ばしているが・・・無理っしょ。暫くダラダラ上りを高速クルージング。「まあ行けるとこまで行くか。しかし、最初から攻めるなあ・・」と思っていると、ボトルが落下。ラッキー!、いやいや残念ながら集団から脱落。少し戻ってボトルを拾い、マイペースで前を追っかけていく。途中で停車していた田中鬼と一緒になり、ランボー鬼と合流。噂の山伏峠に差し掛かったところで、停車してのサドル調整後ゴリゴリ追い上げてきた櫻井鬼が先頭に立ち、自分はあえなく千切れてしまった。トホホ・・・。
 
何とか頂上のトンネルまで辿りつくと、ボトルは空っぽ。先にコンビニまで下って行くと、眼前に見事な富士山が現れた!醜い、いやいや逞しい鬼達の顔も忘れてリフレッシュタイム。そして山中湖畔を高速周回し、今日のメインイベント=撮影会。富士山が見えてほんとに良かった。
富士山


 コンビニで昼食休憩後は、ロングダウンヒル合戦を展開し、牧野ヤマザキで再集結。白井鬼は、本日2本目の「スカイツリーアイス」を食し、ファイティングポーズ!ここで一旦、解散となった。
ゴリエ


しか~し、これで終わるわけがない。バイク終了後は井の頭公園のトラックで、走る走る。まさかインターバルまでやるなんて・・・。そしてランシーン撮影も無事終了。白井鬼が、「昨日買った手羽先を炊かなきゃ」を10回位唱えたところで、フィナーレ。家を出て14時間。アイアンマン並の鬼集会は終わった。
ラン


<編集後記>
白井鬼の登場回数が多いぞ。ネイビー組だから?名前が一緒だから?・・ひょっとして俺、チャライオンなのか?


本日行われた新島トライアスロン大会でTeam TRION 田原よしおちゃんが総合6位に入賞しました!

総合優勝は連覇中のモンスターバイカー篠崎さん、一つ上の順位には先日TRIONスイム練において驚異の泳力でメンバーの度肝を抜いた平野司さんなどの超強豪に並んでの表彰台は圧巻。

持病の腰痛もあり、4月のバイク練では途中リタイヤなどもありましたが、見事なレース結果です。万全の体調でレースに臨み、本来の力を発揮したらどんな結果になるのでしょう、恐ろしや、恐ろしや。

本人からのレースレポートもお楽しみに!

542919_10150901746502943_778557942_9828315_950512963_n[1]

ごーいち

日曜日は山中湖バイク練の後にブリックランもやりましたよ。

メンバーは井の頭組とモン、ナオ、かおる。

写真のように和やかな感じで新緑の井の頭公園トラックを仲良くジョグ。

TRION練といっても、いつもちぎり合ってる訳ではないのです、たまにはゆるりと走りますよ。たまにはね。

IMG_0819[1]

ごーいち

今回の練習会のレポートをご指名頂きましたTeam TRION湘南派出所のサクライです。
和気あいあいと行われた練習会の内容を報告いたします。

まず、集合場所は牧野のヤマザキショップに7:25。寒いです(この時点のこの周辺の気温7度)。
ですが、続々と集まるメンバーはホットな感じ。どうやら、ここに来るまでにすでにホットなペースでチギリあっていらっしゃったご様子。さすがです。

今回のメンバーは田中隊長、エース豪一くんをはじめ、御大、カオルさん、山本さん、前田さん、モンくん、ナオさん、大畑、王子、ワタクシの11名。

で、目的地の山中湖に向け出発。スタート直後からハイペースなのはいつも通り。
いつもと違うのはエース豪一くんに果敢にもついていくメンバーがいたこと。
IM ケアンズに向け実力急上昇中の大畑。スイムの実力派メンバー誰もが知るところだが、バイクもここまでとは…レースが楽しみ。(山伏峠ではエースと一緒におかわり2杯!)

そして山中湖に到着。ここでは、まるでこのチームの前途を祝すように霊峰富士山がキレイなお姿を見せてくれました。先行チームは湖畔を1周し集合の後、記念写真。
537599_457002997658663_100000468992914_1768845_1732984061_n.jpg
(往路パンクの前田さん不在…。)

セブンでチームウエアの相談などしつつ休憩後、帰路へ。

山中湖から牧野ヤマザキまで、またもやハイペースで進みます。
途中お天気のせいか、暴走族の皆さんや車に角の生えた(←これホント)お兄さんともすれ違います。
でも、この日もっともこの道志を爆走したのは我々TRIONでしょう。熱かった。

今日の練習会には6/3のIM ケアンズ出場組も6人のうち5人が参加。
そして次回はすでに今年のKONAのクオリファイを獲得している2名も参加予定。
さらにホットな内容になること間違いなし!

さらなる進化を続ける次回のTRION練習会の内容も乞うご期待!!

今週も元気にNAS吉スイムしてきました。

今回のゲストは平野司さん!
隊長、ごーいちさん、かおるさん、てらお、と一緒に泳いでくれました。

しらすさんオリジナルメニュでメインは100*4を6セットと200*4。
いつものように、徐々にあげてく感じで…

あれ?いつもと違う…

最初からとばしてるな。

ん?おかしい。



…はい。平泳ぎでぶっちぎられましたが、なにか?
こっちはみんなフリーなのにぜんぜん追いつけません。
司さんちょっぱや!(◎_◎;)

100mを1分くらいでかえってこられちゃそうなりますわな。

隊長「追いつかれちゃうよぉ〜」
→そうですね。リアルに追いつかれましたね。
でも、ぼくは隊長のプレッシャーもきつかったす。

ごーいちさん「フリーで追いつけねぇ…」
→そうですね。今日はめずらしくごーいちさんが
追いつけないシーンをみられました。

かおるさん「ブレストだよ!」
→そうですね。ぼくはバックにもびびりました。
しかし、スイム前に15km走ってがんがん泳いでるあんたもすごい。


司さん、4歳から水泳をされているそうです。
となりですれ違うときの波がすごかったです。
本日はありがとうございました。
今後ともチームトライオンよろしくお願いします!

ちなみに
NAS吉祥寺では、六月から朝スイムが始まるそうです。
近いから行っちゃおっかな〜♪
http://www.nas-club.co.jp/triathlon/


てらお



Team TRION バイク練習会情報

さてさて、今週末のTRIONバイク練習会は5/13(日)、山中湖一周一本勝負。
多摩地区6:00頃発、帰還は14:00頃予定。トータル180km程です。

興味のある方はごーいちまでご連絡を!詳細をお知らせします。
メンバーも増えて楽しいワイワイ。


ヤマゲンです。

Ironman St.George出場してきました。

結果は11時間34分 総合116位 エイジ22位 日本人2位

と目標のスロット獲得には遠く及ばない結果でした。

初めて時差がある地域への遠征ということもあり、長時間移動や時差の関係でコンデション調整が難しい面もありました。
ですが、今回の結果はこれらの影響とはえないくらいの圧倒的な実力差を海外勢に見せつけられました。

SWIM
水温が低いことは事前に分かっていたのでウエットキャップやウエットシューズで対策はしていました。
スタートまでは冷たいけどなんとかなるな、くらいの感覚でした。
スタート後はバトルと水温で結構苦しかったですが、初めのブイまでの数百メートルはなんとかなりました。
しかし第1ブイを回るとそこは地獄が待っていました。突然の強風で高波が真正面から次々と襲ってきます。
息継ぎのタイミングが合わないと大量に水を飲んでしまう状況でヘッドアップで次の波を確認しつつ泳がざるをえません。
波に寄ったのか後半は水中で嘔吐する始末。
最終ブイにたどりつくまでにはかなり疲労してしまって、最後は手首がしっかり固定できず水を押せなくなりました。

やっとスイムを上がってからは自力でウエットが脱げずボランティアの方に全部脱がしてもらわなければならないほど腕の力が入りません。

BIKE
SWIMかなり体力を消耗してしまったがここで一番練習できているバイクで順位を上げないと思い、懸命に前をパスしていきました。しかしここでも強烈な向かい風&横風にあおられ体力がどんどん奪われていきます。急な登りはやはり得意なのか誰にも抜かれることはなかったのですが、ゆるい登り+向かい風のゾーンが大半でここで周りに離されて登りで追いつくといった展開で後半はあまり順位は上げられず。最後の登りが終わったところで元マウンテンバイク日本一の竹谷さんにぶち抜かれてしまいました。

RUN
暑さもそれほどではなく、走りやすいコンディションでしたがSWIM,BIKEで力を使い果たした感があり中盤から全く足が動かず。歩かない程度のペースになっていまい急激な追い上げも叶わずいつのまにかフィニッシュ。

総括
改めて海外勢25-29は強いです。上位勢はSWIMからハイレベル、全エイジで最もスロットボーダータイムが速く、平均フィニッシュタイムが速かったみたいです。海外の若者は勢いがありますね。対して日本はというと僕も含めてこの年代に確実にハワイ取れる人が現在いません。世界との差を縮めるためにはどうすればいいのかもっと真剣に考えなきゃならんと思いました。全種目課題だらけなのですが特にバイクのタイムが納得いかないので向かい風の中の走り方やペダリングを見直します。
チームの皆さんには応援していただいてありがとうございます。初のハワイ出場まではまだまだ試練を乗り越える必要があるということですね。

幸いセントレアがまだ残っているので今シーズンあきらめずに再トライします。

ちなみに今回のセントジョージは完走率7割ちょっと超える程度のようです。ほんとにトライアスロン人生もっともタフなレースでした。





Team TRIONに力強い新メンバーが加わりました!
山本敦、前田誠一郎の2名です。

山本さんはトライアスロン歴3年ながら昨年IMハワイ出場。年初のメイストーム駅伝ではTeam TIMEXのアンカーを務め、TRIONのランスペシャリスト、桜井、田中、ヤマゲンを揃えた鬼組をラスト2kmでかわし見事優勝しています。カテゴリーはTRION副キャプテンしらいおんと同カテ。チーム内競争もますます激化の予感か。

前田さんはロングを主戦場とするバイカー系トライアスリート。神奈川県在住なのでTRION湘南鎌倉支部を盛り上げてくれるはず。6月のIMケアンズで虎視眈々とハワイスロットを狙います。

新メンバー加入でさらに勢いを増すTeam TRION。やるぜ。

ごーいち

都内西部の練習になかなか参加できないため存在感がうすうすな、おおはたです。

隊長、ほんとは参加したいんです。

参加したいんですが、場所が。。。

集合場所まで50-60㌔

。。。

ということで、こそこそ荒川で練習していましたが、

今日は江夏ご夫妻とチーム練を決行しました。

題して、『TRION城北支部練習会』ぱちぱち

実は今回が2回目

1回目は自分が二日酔いでお恥ずかしい限りなので説明を控えさせていただきます(泣)

んで今回のメンツを改めると しもんさん、なおこさん、おおはた の3名

集合場所はお決まりの『秋が瀬公園駐車場』@埼玉県さいたま市

集合時間はAM7 (8分遅刻しました。すみませんでした。ぺこり)

天候が太陽ぎらぎらのthe夏日だったため、超ロングライドを計画していましたが

しもんさん病み上がりということで、ご夫妻とおおはたは途中でお別れ

しもんさん、自分も心配だったんですよ

でもでも、なおこさんに自分はすべてを託したんです

見捨てた訳ではないんです

ほんとです

で、コースは

①江夏ご夫妻コース

秋が瀬公園ー荒川CRー物見山(1周回)ー荒川CRー秋が瀬公園

計100㌔

②おおはたコース

秋が瀬公園ー荒川CRー物見山(1周回)ー松郷峠ー定峰峠ー秩父駅近くの7ー定峰峠ー白石峠ー物見山ー荒川CRー秋が瀬公園

計205㌔


荒川CRはほぼ平坦なコースなので物足りないと思いきや、背後に聳える秩父の山々に驚愕します

ーー荒川CRーー

ほぼ平坦

ほぼ自転車天国

たまに野球ボールや野球少年が飛んでくる

東京湾からだとだいたい100㌔以上はあるすんげえ長い自転車道

ーーーーーーー

江夏ご夫妻の見事な脚力に驚きを隠せないどころかついていくのがやっとな状態

ご夫婦ならではのコンビネーションが見事でした

自分もついていけるように練習しなくては。。。

途中より一般道に入り物見山へ

ーーー物見山ーーー

江夏ご夫妻とお別れした山 泣

こどもの日のため山にある高坂動物園前には車の長蛇の列でうざったい(まあ今日だけ)

ゴールはみえる程度の坂だが斜度がぱない

もちろん最後はダンシング

今度は永遠下り

よし、終わったあ!!と思いきや脇道に反れ、下った分の登り

1周だいたい5㌔(8㌔コースもあるYO)

ーーーーーーーーー

一般道を抜け松郷峠へ

この辺になってくると住宅街⇨田舎に移行します

車も少なくガンガン飛ばせるぜ!!って感じです

で、松郷峠

正直たいしたことはないのです

少しばかり登るだけ

峠というかちとでかい丘な感じ

松郷峠を抜けると目指すは定峰峠

これがけっこう距離がある

だいたい20㌔くらい

んで定峰峠こちらの看板からその地獄がはじまる

ーーー定峰峠ーーー

踏んでも踏んでもなかなかゴールが見えないライダー泣かせの坂道

だいたい6-7㌔は永遠登り

裾野を入れると10㌔は余裕で登り

ーーーーーーーーー

この定峰峠を攻めに数多くのどMライダーたちが集まります

今日も定峰峠頂上には汁という汁を垂らしている変態たちがうようよいました

自分もその中の一人ですが、

なにか??(笑)

ということでどMおおはたは定峰峠を一度下りまた登るという荒行に打って出ました

これも肌をより黒くするため。。。

ではなくケアンズでハワイのスロットをゲットするため

正直泣きそうでした

ーーー白石峠ーーー

定峰峠の横に聳える山

定峰峠から約3㌔の登り

これがとんでもなく急斜面

ギアをマックス軽くしてダンシングでやっと

下りももちろん急

登りも下りも道が悪い

ーーーーーーーーーー

定峰峠を攻略してほっとしているライダーは幾度神を恨んだことでしょう(自分も)

すぐつくと思って油断しているところに激急斜面

ちーん  です

そんなこんなで帰ってきました

帰宅後、江夏ご夫妻、おおはたともにブリックランをし今日の練習はおしまい

そんな一日でした

荒川での練習場所の紹介におわってしまいましたが

定峰峠・白石峠はかなりいい練習場所になるので

今度是非、みんなで攻めて見ませんか??

(物見山折り返しでもいいYO)

ではでは、以上 おおはた でした

小学生波の駄文で申し訳ございませんm(_ _)m

ゴールデンウィーク、後半もBIKE練習に行ってきました。

今日のTRION 参加メンバーは、

隊長、ゴーイチくん、よしおちゃん、よーへいくん、王子、かおる。

そして、今日のゲストは前回も参加してくれた山本くん、初参加の前田さん。

コースは青梅→軍畑→都民の森→甲武トンネル→大垂水



集合場所に到着したら、雨、しかもすごい雨。

予報では午前中は晴れだったのに・・・

そんな天気でも、「中止しよう」

って誰も言わないのが、このチーム^^

でも・・・ず~~っと雨。

都民の森では皆が鳥肌がたち、がたがた震えるほどの寒さ。

その後も天気は乱れ続け。

都民の森~甲武トンネル 雨
甲武トンネル~上野原 豪雨 雷
上野原~相模湖 晴れ
相模湖~高尾 曇り

大垂水の先ではやっと気持ちよく乗れて、隊長もご機嫌♪

高尾インター_convert_20120504220608
(いつもコンビに前の写真ばかりなので、乗っているところを撮影) 撮影者 ゴーイチ





▼続きを読む▼

Team TRIONバイク練習会情報

5/4 (金) 青梅-奥多摩-風張峠-甲武トンネル-大垂水ルートでバイク練習会を開催します。
青梅を7時発、高尾に12時半くらいには帰還予定、120km程。
GWも激しく楽しく追い込みます。
興味のある方はごーいちまでご連絡を。
詳細をお知らせします。


本日は今週末にレースを控えたヤマゲンがお送りします。

実はTRIONジャージはアイアンマン海外初進出!

ということで重責を担って行ってきます!

思えば昨年のコリアでいいとこまでいったにもかかわらずハワイに行けず悔しい思いをしました。

この冬は雪がのこってようが毎週バイク乗って鍛えました。今年は練習後半もたれなくなり一つ武器ができたかなと思ってます。

ランは冬の故障に苦しみつつも最近の調子はすごくよくてあとは集中と粘り。

スイムも苦手ながら東体や吉祥寺NASに遠征に出向き真面目に取り組みました。

ということで持てる力を出し切ってハワイ取ってきます!

Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -