*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どーも故障明けでランがまだまだ微妙なヤマゲンです。

はやく暖かくなって欲しい。。。

今週末は土曜飯能方面に定番の山伏峠コース

メンバーは田中隊長、GO1さん、Kaoruさん、王子、りょーちん(こ)でした。

田中さんは新車BMCがポジション合わせて入院中とのこと、早くバリバリ乗ってる姿をみたい!

王子は序盤膝痛で離脱!大丈夫か?
バイクの膝痛は私の経験上練習不足というよりはポションの影響の方が大きいと思うんで一度見てもらったら?
個人的にはサドルが低いと膝痛くなりやすい気がします。

Kaoruさんは相変わらず元気で結構ついてこられて軽く凹みました。。。登りでは国内女子最強レベルでしょう(汗

りょーちん(こ)先輩は集合場所まで遠くてお疲れ気味でした。しかし今年はニースとジャパンでダブルスロットゲットというミラクルを起こすのを狙ってるはず!

GO1さんはいつもどおりで以下略。。。今回はやられましたとも。
21655_416547348432358_711546421_n.jpg


そして今日は非公式CHARION練

メンバーは最近FRIDAY RYUTA氏によってスキャンダルが暴露されたシライオン、と相方(恋人?)のウッチーさん、そしてわたくし。
そう、実は我々TRIONゴム業界メンツなのでした。

コースはこの時期としてはきついと思われる大垂水~雛鶴峠。ええCHARIONといえど練習は手を抜きません。たとえ向かい風でも。

会話がほぼ下ネタな以外はいたって真面目な練習なのです。
しかし、まんじゅう屋さんのおばちゃんの前でも下ネタを発するシライオン、もはや人間として壊れています。
下りをP4でかっ飛ばす男前?な姿とはあまりにギャップがありますが、IRONMAN JAPANにエントリーしきっとやってくれるでしょう。
539668_438122802940363_1907814961_n.jpg



うっちーさんもやってくれるでしょう(色んな意味で)
734916_448372165243634_1659877325_n.jpg
(18禁)

さーて来週はTRION的房総(暴走?)合宿があるそうですよ!
日本選手権出場のエリートや強豪のゲストを招いてのきつーい合宿になることでしょう。








スポンサーサイト

今朝はGO1さんのリクエストで朝6:30集合でバイク坂特練やりました。
運悪く?早起きしてしまった私ヤマゲンと新車ロードCERVELO S5手にしてしまったGO1さんとの一騎打ち。

コースは多摩丘陵の坂という坂を制覇する強烈な内容。

はじめの連光寺坂からGO1さんがガンガン行きます。

坂なのに下ハンドルもってダンシングしまくってます・・・。
「おお、坂はS5には勝てねぇ・・・」
とTTバイクPLAZMAに乗る私は思ったのでした。

ところがしばらくするとこちらの調子も上がってきて二人でガンガン踏みまくります。

なんかTTバイクの使い方間違ってるな~と思いつつ、なぜか常に下ハンドルのGO1さんさらにアウター縛り
「疲れちゃったよ。いい練習だ~」
と新車にまたがり嬉しそうでした。

今日は一年分GO1さんをちぎらせていただきました♪
でも次期新車P○が来てしまったら。。。ああ恐ろしい。

バイクもガンガンいきましょー!



別大も終わってそろそろバイクも乗り始めるかなってことで、今日からバイク通勤を復活させました、ゴーイチです。

今日は藤村でさくっと泳いで家に帰るとJTUからA4サイズの封筒が届いていました。何かと思って開けてみると、、
おぉ、バイクジャージじゃないの!
胸にはJTU AGE CHAMPION の文字。去年横浜で2位になって総合優勝は逃したけど年代別では優勝ってことなのね。ちょっと嬉しいね。


IMG_1582.jpg


でもさ、パッと見TRIONジャージにそっくりじゃね?カラーリングといい、ライン使いといい。
今週末のバイク練習会に着ていこっと。言わなきゃみんな気が付かないかもね。

ゴーイチ



Kaoruです。

連ちゃんで、すみません。
とーるちゃんと同じく館山若潮マラソンに出て、今回はカーフマンに参戦してきました。

そして、同様に
『もちろん表彰台にのるよね?2週連続で』
と言われてました、私はごーいちくんから(^_^;)

無理でしょ、フルの後だし、bike練習してないし、とぶつぶつ言いながら。

すみません…

先週同様にのれちゃいました。しかも一番高いところに(^_^;)

kaoru 表彰

でも、表彰台の一番上って気持ちが良いですね♪

リザルトはここ。
http://www.calfman.jp/s10/stage/minami/minami_result.pdf

私はbikeが苦手、そしてスピードが無いし、追い込むのが苦手なので短い距離のレースはとっても嫌い!
でも、トライアスロンシーズンに向けて、今のbikeの力を知るために、
そして仲間も沢山出るし、楽しもうねぇ~って事で出てきました。

1st Run
号砲とともにスタート、距離が短いからみんな突っ込んでいくんですね。
私は突っ込めないのでマイペースで。
でも、ラッキーな事に2周目に入ったところで結構落ちてきたので順位は悪くなかったかも。

20:10

Bike
練習不足なのでどうしよぉ~と思っていたし、後半、風が強くなってきて疲れちゃったし。
でも、エリートで参戦のあっちゃん、カメラマンもんちゃん、レースを終えたとーるちゃんとらんぼーくん、他にも知り合いが沢山応援してくれたので、何とか思ったより早くrunに行けました(^_^;)

先週に続いて今回もTRIONのオフィシャルカメラマンが来てくれたので、沢山いい写真があります。ありがと~^m^
その中から今回はbikeの向かい風で頑張っているっぽい写真を。

kaoru bike

う~ん…思ったより…(~_~;)
過去のblogでわかるようにTRIONの皆、bikeのポジションカッコ良いんですよ(*^_^*)
もっとbikeに乗って、いいポジションを出せるようになりたいと思います^m^

54:07 (T1,T2含む)

2nd Run
最後は出し切らなくちゃいけないと思うのですが、どうしても抑えてしまうのが悪い所。
練習不足のせいか、初めてレースで足が攣っちゃうし(^_^;)
でも、ここでも沢山の応援があって、順位は下げずゴール出来ました。

22:37 

Total 1:36:54

このタイムが良いのか悪いのかわかりませんが、短い距離、苦しくていやだなぁ~と思ったけど、
沢山の応援もあって思ったより楽しかったです。

カーフマン、また出たいなぁ~^m^

表彰式後みんなで撮影。

カーフマン集合①

今回の副賞は念願の食べ物でした!
りんご、キウイフルーツ、BCAA、飴。写真の中に一応写っておりますが(笑)
飴以外は今回のレースで、惜しくも入賞は出来なかったけど、頑張ったチームメイトへのご褒美にしました。
喜びはみんなで分かち合わないと♪

今回も応援してくれたチームメイト、ご一緒してくれて応援してくれた上に、色々作ってくれたTeam Ariの皆さん、その他、沿道で応援してくれた皆様、本当に感謝です。
内容やタイムは置いといて、1位という結果はこれからの励みになります。
ありがとうございました!

マラソンシーズンも後半になり、これからトライアスロンのレースに向けての練習も始めて行こうと思います。
今年はしっかり結果を出せるよう、チームメイトに褒められるよう?
もっと頑張って練習して行こうと思います!(^^)!

特にbikeは・・・(^_^;)

Kaoru


すみません、最初から言い訳っぽいタイトルで(笑)

バイク大好きとーるちゃんです(^^;;

今年もCalfman Japan 南関東にチームの仲間と参戦してきました。


隊長からは、かるーく、


「エイジででるなら当然エイジ優勝だよね、よろしくー」と。


個人的には若潮マラソンの翌週だし、

仲間と楽しんで走る!

って位置づけのつもりだったので、

その言葉は特に意識しないで(笑)


とはいえ、

去年も同じように若潮マラソン→カーフマンと連戦で出場してるし、

ましてやカーフマンの前日にバイクがめっぽう強いyujiriさんとバイク練習して挑んでた。


その結果(去年)は、

エイジ優勝でしたがー、、、


はい、

今年はエイジ2位。


隊長、すみません(^^;;


しかもバイク大好きと自負してるにも関わらず

ラップは平凡で残念なタイム・・・

2013カーフマンtorubike

せっかくいい写真を撮ってもらったのにねー(笑)


そしてこのレース、

応援が凄い。


とにかく頑張れ頑張れって(笑)

とにかくめっちゃ疲れました。


前週の若潮マラソンの方が楽ーって(笑)


でも、

その応援で苦しくも楽しめましたよ!!!


そう、

やっぱりさ、


結局限界まで頑張っちゃうんだよねー(笑)


声を掛けて頂いた皆さん、

ありがとうございましたー!!!



PS:

ゴーイチキャプテンからは、

バイクの神様なんて呼ばれてます(ました)けど、

現状はこんな感じなので、

TRIONバイク練習会なんかにも恐れずご参加くださいねー(^^)v








 昨日は今年序盤のメインイベント。カーフマン南関東エリートの部。

 バイクパートのドラフティングレースの面白さとあの何ともいえない緊張感が心地良く、今年も参戦することにした。と言ってもデュアスロンやトライアスロンのプロ選手や学生トラ部の上位アスリート達がそれぞれの思惑で集結するレース。中年層の俄かアスリーマンには半ば無謀なチャレンジ。
 今回トップ選手の高橋選手を除く一人最高齢。トライアスロンの3種目の中でランは比較的得意とは言え、そこはロングの話。5Kを全速で走りきるインターバル練習は今ほとんどしていない。
 
 さて、まずは先に各エイジクラスでスタートしたチームメイトの応援。シモン山専属カメラマンとともに各所で声援、激励。シモン山カメラマンのフットワークの軽いこと!ムササビのように動き、プロ化顔負けのアングルと速写で撮りまくっていました。素敵だぁ~。
被写体の我がTRIONのメンバー。ランもバイクもやはり存在感は際立っていましたね~。
詳細は各々のレポートにお任せします!

 自分の出番。エイジクラスのレース終了を待っての、静まり返った会場に再びファンファーレの合図の後、ズドン!スタート。
周りの歓声も全て自分に宛てた声援だとプラス思考で進む。ラップを気にする余裕も無く、ただ確か2K通過が6’20前後。ちょっと持たないかな・・。それでも参加者約90人のほとんどシンガリ後ろから3~4番手。結構なプレッシャーだ。最初飛ばして良いことが無いのは判っているが、しょうがない、こんな後ろでは。
終盤は結局相対的にペースダウンしてケツから3番目あたり。(結局あとで判明したタイムも17'23。遅っ!)
 去年は17分1桁で似たような順位。でも今回はタイムは遅いが前方に数人の背中が見える。すぐにパックを作れるはず。前回序盤10Kは単独走でしんどい思いをしたし。

ただし、バイクに乗ってからすぐは意気が上がってしまって、踏めない。2結で走り始めたが、もう一人の選手に、
「ごめんなさい、意気が上がっちゃって・・。前引けません。ちょっとだけ後ろ付かせて!」
これも何とか序盤の約2K手前で回復。
「ヨシ、行きますYO!」
程無く、1周回目で前の数人のパックに追いつく。これで6人。100m前にもう6名くらいのパックが見える。周りは皆学生か?声掛けあって「前を追うぞ!」と意気込んだもののどうやらペースが上がらない。2~3周回折り返しあたりの追い風区間、及び幾度のコーナーで突っ込んで10秒差くらいまで詰めたが、その後が続かない・・。後ろから「急激にペースを上げないで下さい」と言われた気も!?
その内前のパックとの差がジワジワ広がる。なるべく自分が引くときはペースを上げて、長く引くように心掛けたが向かい風区間は無理が利かない。結局終盤大分ペースを落としてバイクフィニッシュ。

 2ndラン。
呼吸は大分整っていたが、2Kほど走って、すぐに筋肉が硬直し始める。上位選手には周回パスされる。付いていくには実力差があり、無理出来ない。顔を歪める。ペースが落ち、足が上がらず、これではエリートの走りではないな・・。それでも前5~6人パスする。ラスト2Kを残して2分差、後方からスタートした、女子選手に抜かれる。ロンドン五輪トラ出場の上田藍選手。声援の大きさで段々迫ってきている気配があった。
ヘロヘロになるまで着くぞ~。
併走して、背中について、前にせり出し、で約1Kほど。般若の形相で女子選手に食らいつく、というのも何だか情けない光景だがそこは有名人、せいぜい観客のネタにしてくれ~
残り700~800mでもう我慢が効かなくなった。
くっそ~!
あえて聞こえるように舌打ちしてズルズル後退・・。普段の練習の後ろ盾がないと根性だけでは続かないよ~

 1stランから少し前をずっと走り続け、バイクでは前のパックにいたのを見届けつつ、背中を捕らえていたはずの同年代ライバル選手にも結局10秒届かず。

苦しくも、やはり楽しかったエリートレースは幕を閉じました。
課題山積。でもそれを克服しようとまた努力するのも楽し。来年もチャンスがあったらチームでチャレンジしたいね!TRION Trainやりましょ!

今年の最大目標のレース来月のIMメルボルンに向けて刺激は入りました!
Atsushi
2013カーフマン南関東


昨年に続きチームとしては2回目となった今回の別大遠征。
一部では「慰安旅行では?」との疑惑もあったようですが、実は汗と涙と血のにじむような、ような、内容のレースを展開してきました。

この別大は、持ちタイムごとにカテゴリー分けされ、エントリー費に始まり、レースまでの控室もきっちりと分けられるという厳然たるヒエラルキーが存在する国際レースなのです。今回は世界陸上の選考対象レースになっているということもあり、オリンピック入賞選手や“あの”公務員ランナーまで出ていました。

2月とは思えない暖かな晴天のなかのレースは、多少の風はあったものの絶好のコンディション散っても過言ではなかったでしょう。
そして、王子以外のTRIONメンバーの結果は、リュータ2:41:04、田中隊長2:44:27、ゴーイチくん2:44:27、遠征に同行の後藤さん3:04:17、王子は既報のとおり、という結果。ん?何か人数が足りない?そこには大人の事情がありまして、完走は上記の通りです!

で、チーム内最速だったということで今回ワタシがブログっているわけですが、こうやって書くのも昨年6月?以来となります(長いオフだったぁ)。
ワタシは昨年6月のレース後、約6か月のリハビリを経てのレースで、目標は2:45:00。だったのですが、スタートに並ぶと、何故か前から3列目。スタートすると、当然のように流れに乗り、1キロ3分30秒ペース(←これでもこの周りの人よりはかなり抑え目なペース)。で、5キロは17:20で通過…。やっちまいました。完全に突っ込み過ぎ。で、そこから少しずつペースを落として(落ちて?)走りましたが、さすがはエリートレース、抜かれる抜かれる。150人ほどに抜かれて、いつ隊長もしくはゴーイチくんに抜かれるかとヒヤヒヤしながらも逃げ切り、どうにかゴール。が、ドラマはここから。

ゴール後、座ってドリンク飲見始めた途端、TRIONウエアを纏った隊長が競技場に入ってきました。と、その隣にも見慣れた鬼の顔が。まさかの隊長、ゴーイチくんの同時入場。「おぉ、すげぇ!チームメイトで励ましながらのレースかぁ」なぁんて呑気に見てましたが、トラックをまわる二人の様子はどこか変。ゴーイチくん仕掛けてます。それも容赦なく。で、隊長着いていきます。必死の形相で。そんな二人の様子をワタシはただただ半口開きで眺めるのみ。結果、上記の通りのタイムで同時ゴール。ご近所でチームメイトの二人が、フルマラソンの残り600m程を最後の最後まで仕掛けあいながら必死の形相でレース。いや「大人げない」とか言っちゃダメです。これがTRIONなんです!!!

追記:我々がレース後に競技場出口で記念撮影しているときに、TBSアナウンサー2人が我々の脇を通って帰っていきました。その会話にあった「あの二人の争いは凄かったねぇ。また次が楽しみになるねぇ。」これは決して川内選手と中本選手のことではなく、隊長とゴーイチくんのことだったのでしょう。間違いありません!

初参戦の別大。自分はカテゴリー3でなんとか出られる立場でしたが、フロスト以降、やるならやってやるぜと二週にわたり追い込んで、ラストの週はすとんと落としてちゃんと調整しました。先週の小金井公園ランのときに、ごーいちさんから7×6で数えるといいよって教えてもらったので14キロを3セットのイメージをしつつ、4分15でいけるとこまで、あわよくばサブスリーのプラン。最初の7k〜14kまでは、4'10から4'15くらいのペースで気持ちよく。中盤の21kで1時間29分。28kで2時間。ここまではいい感じ。

でも以降のラスト14kは安心してしまったのか、気合いが足らんのか、とつぜん足が重くなり、鬼タレしてキロ5くらいまで落ち、35kで2時間35分。がーん。Σ(゚д゚lll)途中、沿道から丸ママにも声をかけてもらい、気合いをいれなおすも、足が終わってる状態。朦朧としながら、隊長の「ならぬものはならぬ。」という言葉を思い出す。なぜ、このタイミングで思い出してしまったのか…いや、いかんいかん。その後、やまげんに追いつきデッドヒート…ではなく、やまげんが歩いててデッドだったのでヒートせずにパス。そこでやまげんに「おうじ!」と激励され、さらに気合いが入る。

ラスト7kは足がつりまくり、補給を意識してたのにこのざまで…残りの距離が少なくなってくると、記録がどこらへんにおさまるかわかっちゃうので、3時間10分にターゲットを変更。せめてキロ5は死守しようと粘りましたが1キロが長い。。心拍は余裕だったぶん、練習量がもろに出てしまい、すごく悔しくて思わず叫んでしまいました。意味なくまわりの選手をビビらせてやったぜ。…取り乱しました。すみません。

結果は3時間11分くらい。これでもいちお、自己ベストなんす。ふふ。まわりと比べればもちろん遅いのですが、毎回自己ベストを更新していけばちょっとずつは近づけるわけで(^^;;めちゃきちかったですけど、怪我でがんばれなかった時期もあったので、ちゃんとがんばれたのがとても幸せで、すごく楽しかったです。

編集後記)
別大遠征は、丸さん夫妻、御大、隊長、桜井さん、ごーいちさん、やまげんのメンバーほか、後藤さんも一緒にきてくださり、しかも運転までしていただいて。ありがとうございました。次回はぜひバイク練で。あ、それから、大会前日は地元大分のかぼすくん先輩にもお会いでき(ぼくは初対面でちょー興奮)、会場ではチームYの金山さんにも!あげあげだぜ。
別大2

でもこっちの写真だけみると、おっさんたちの慰安旅行感が否めない…
別大1

次回はチーム最速の桜井さんレポートです。乞ご期待!

おうじ。

こんにちは、隊長こと田中です。
2月に入って季節外れの暖かさが訪れていますね。明日は二つのチームに分かれてのレース参戦となりますが、絶好のレース日和となりそうです。

一つ目のチームは、別大マラソンチームです。
メンバーは、丸パパ、御大、ゴーイチ、りゅーた、やまげん、王子、私の7名。丸ママも応援に駆けつけてくれます。
目標タイムは、それぞれ2時間40分切り~3時間切りまで。故障気味の人もいますが、チームで力を合わせて走ればパワーもアップ。きっと目標を達成出来ると思います。
地元大分のカボス君や東京からも大勢のトライアスリートが参戦するので楽しみです。
もう一つの楽しみは、別府と言えば“温泉”と“美味しい料理”ですねー。でも明日のために今宵はほどほどに(^_^)

二つ目のチームは、カーフマン南関東チームです。
メンバーは、アツシ、とおる、ランボー、かおる、ナオの5名。自称、大物写真家のシモン山紀信さんもTRIONジャケットを着て、写真を撮ってくれるとのこと。いいなぁ(^o^)
とおる、ランボー、かおるは、若潮マラソンに引き続き2週連続のレース参戦。よくやるよねー。2週連続の入賞も期待してますよ!

話は変わりますが、高校~大学で同級生のミッキーに羽田空港で偶然会いました。TOTO陸上部コーチとして早川選手と一緒に丸亀ハーフマラソンに向けて出発するところでした。かなりハイレベルな選手が揃うとのことで、こちらのレースもおもしろそうです。


さて、ただいま別大チームは大分空港に到着しました。
では我々の2つのレース結果をお楽しみに!
betudai.jpg


Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。