*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【その参 横浜パラトライアスロン】

今回5月12日に開催された横浜大会は、世界トライアスロンシリーズに位置づけられている大会で、パラトライアスロンもエリート大会と同様、一人一人の選手コールからレースがスタートするというスタイルは、今まで参加してきたトライアスロンとは、一線を画す雰囲気がありました。
今大会では、強豪ブラジル人選手マルセロと一昨年優勝しているアメリカ人選手マイケルが参戦するとの事で、彼らのレースを目の当たりにすることを楽しみにしておりました


【スイム750m】
スイムスタートはエリート大会に準じ、番号順に整列したところからの一斉スタート。
コースは、氷川丸を見ながら折り返してくる一周回コース。
一気にマルセロがトップでフィニッシュ。レース後に知ったことですが、彼は2回ブラジル代表に選ばれたパラリンピック水泳選手だったとのこと。私は彼から3分40秒も遅れで2位フィニッシュ。さらにウエットスーツを脱ぐことに手間取り、後からスイムアップしたマイケルにも先行を許す。

パラトライアスロンは、「ハンドラー」と呼ばれるスイムフィニッシュ時の移動やウエットスーツの着脱等の手助けをする人を置くことがルールとして認められています。私としては、そのような人がいなくてもずっとレースをやってきたので、「ハンドラー」のルールは知っていても活用する概念がありませんでした。パラトライアスロンでは、このサポート体制を十分使ってタイム短縮を図っていくのが流儀だと気づきました。

バイクスタート(横浜) (366x274)


【バイク20km】
バイクは本牧ふ頭周辺の3周回コース。路面が悪い所やコーナー折返し、陸橋のアップダウンなどなかなかテクニカルなコースで自分にとっては好きなコース。
しかし、先行されたマイケルにはすぐ追いつくも、交換したブレーキシューとディスクホイールの相性が悪く、ブレーキングの度に直ぐ車輪がロックしてしまい、その時のもの凄いフレームへの共鳴音が応援の人達を驚かせてしまう。テストライドでは問題なかったが、水溜りに入ったことにより変化してしまったよう。

先行するマルセロとはすれ違いざまに随分差がついたことはわかっていましたが、バイクは慎重にゴールを目指さざるを得ませんでした。結局、既にランコース上のマルセロを見ながらマイケルと同時にランスタート。

バイク(横浜) (480x319)


【ラン5kmからゴールへ】
マイケルを置いていきマルセロを追うも、カーブや折返しの多い周回コースの距離感覚が掴めず、どの位の距離またはタイム差があるのかわからないでいると、一周目を終った辺りでメイストーム大西氏とトライオンの仲間が「フルチャン1分半!」と檄。意外と差が無いことに俄然やる気が出る。そしてラスト半周でマルセロを捕らえトップに立つ。

しかし好事魔多し。結局、最初にゴールしたのは私ではなくマルセロでした。続いてマイケル、そして私は3位でゴールとなりました。様々な要素が絡んだことによる私のコースミスでした。

ラン1(横浜) (320x480)

ラン2(横浜) (480x319)


【これから】
私もリオに向けて本気ですが、彼らはパラトライアスリートとしてプロ選手としてサポート体制を構築し、「ハンドラー」と来日し、万全の体制でレース臨む姿勢は、私以上に本気でした。私は彼らより「トライアスロン」の場数は踏んでいますが、彼らは私より「パラトライアスロン」の場数を踏んでいます。
この競技は三種目の能力が優れているだけではなく、人的なアシストが「トライアスロン」以上に認められているので、トランジットやサポート体制等により大きく競技結果が左右するように感じました。今回のレースでは、今後私がパラトライアスロン選手として、詰めていかなければならない課題があぶり出された思いがいたします。

今回横浜大会二連覇は逃してしまい、応援をいただいた皆様には申し訳ありませんでした。しかし私にとっては大変良い経験となり勉強になりました。3年後の大会ではこのようなことはありません。さらに完全なアウェーの場で日の丸を高く掲げるためには、競技の実力の向上と共に、リオで勝つためには何が必要なのかをいっそう考えて行かなければなりません。

これからも精進して参りますので、今後とも応援ご指導のほどよろしくお願いいたします。

表彰式(横浜) (319x480)

打ち上げ(横浜) (480x360)


スポンサーサイト

先日の横浜でデビューしたチームの旗。

あれって大会のエキスポブースなんかでは良く見かけるけるよね。先っちょの方が曲がってて普通の「大安売り」とかののぼりとは違うんだけど、何ていう名前か知ってる?

スウィングバナーっていうんだよ、ほんとはね。

で、このスウィングバナーを作った時の製作会社の方や、担当デザイナーさんの対応がとても良くって感動したので、アンケートに回答した。だってデザインなんかは色違いも含めて全部で20種類ぐらい作ってくれたんだから。

そしたら、そのアンケートが制作会社のホームページにお客様の声として採用されたよ!

http://www.order-nobori.com/voice/detail551.html

しかもアンケートに回答したお礼として、ボールペンとメモ帳までもらっちゃった。ラッキー(^^)

IMG_2006.jpg

このボールペン、最高品質なんだって。よーし、今日からバリバリメモとっちゃうよ。

ゴーイチ



ども、BIKE大好き、とーるちゃんです(^^;;

2週間後に控えてるセントレア&ケアンズに向けてパリっと走りたいねーってことで、、、
某クローズド周回コースで練習会!

メンバーは、、、
隊長、御大、kaoru、ゴーイチ、リュータ、ランボー、りょうへい、
そして私。

ここ、
ノンストップでDHポジションをとったまま、
ずーっと走れるとってもいいコース。

なのでバイクなんかは決戦仕様。

エアロヘルメット、エアロホイル、そしてウエアなどなど、
レースを想定して走っちゃいましたー。
248043_458701624213976_1582453924_n.jpg

最初の1周はアップ、、、
379630_458762584207880_1336338781_n.jpg
その後、
レースペースで約90km(11周回)。

レースを想定した練習といっても、
せっかくみんなで走るんだから前半くらいは千切りあいはなしで走りましょうと。

だったんだけど、、、
2周くらい走ったところで3人になってた(笑)

止まるところがないのでほぼ踏みっぱなしで、
しかもDHポジションをとり続けられる。

まさにレースモード。

結局先頭組はAve39km/hほど。

ほんとにイイ練習になったと思う。



もちろんランもレースペース。

10km。
先頭組は当たり前のようにキロ4分きり。

自分、脚、残ってないよ(笑)
みんなよく走れるなーと(^^;;



で、
ダウンスイム。
971152_470148333061334_1855371013_n.jpg
のはずが、、、

なぜか1000mTTになった。

言いだしっぺは、
いじめられた某女子メンバー(笑)

バイクとラン、
あれだけ追い込んで1000mTTなんて自分的には無理っす(^^;;

当然ターンではハムストが攣りまくり。
みんなよく泳げるなー。



そして頑張ったご褒美は、
アメリカンなジャンクフード☆

写真はないけど、
ジャンキーな食事でも頑張った練習のあとはなおさらおいしー☆


935503_457325427684775_668755433_n.jpg
レース当日はこのかっちょいい戦闘機のように、、、

みんなー、かッ飛んじゃいましょうねー!!!



本日も仲間とともに最高の練習ができたことに、、、

感謝です☆









毎年恒例、ランナーズの「全日本マラソンランキング」が発表となりました。
昨年に引き続き、TRIONファミリーから8名が100位以内にランクインとなりました!!

ユキエちゃん  1位 2:48:53 かすみがうら
フルちゃん   9位 2:47:41 佐倉
隊長     11位 2:43:49 福岡
Kaoru     27位 3:13:50 館山
丸パパ    36位 3:07:51 板橋
りゅーた   45位 2:41:04 別大
ゴーイチ   64位 2:44:27 別大
kagami    70位 2:48:16 館山

ユキエちゃん、1位獲得おめでとう!
フルちゃんも自己ベストを5分縮め、一気にトップ10入りとは素晴らしい!
来年もより多くのメンバーがランクインできるよう精進していきましょう!

マラソンランキング2012年度 (257x360)

written by 隊長

【その弐 4月21日全日本トライアスロン宮古島大会】

今年29回目の宮古島大会は、既報のとおり大会始まって以来のデュアスロンとなりました。前日の予報は曇り、気温20度、風速3m。この時点では、まさかスイム中止になるとは思いもよらず、好記録が出やすいのでは?なんて思いながら早めに床に入ると、やたら部屋のアルミサッシュががたつく。何かが共振しているのかなと思ったら、なんと風の仕業。こんな宮古の夜ははじめてでした。

そんな訳で、早めに会場に入り、スイムスタートとなる前浜ビーチの様子を見に行く。波の高さはさほどではないが、潮の流れが凄い。右から左へまるで川の流れのよう。
スイム中止を確信し、スタート8時までしばしリラックス。というよりは正直拍子抜け。とても肌寒く、レインウエアを着込んできて大正解。Tシャツの人は寒そうでお気の毒でした。
国歌斉唱の後、大きな混乱も無く一斉にスタート。第1ラン27:19、スプリット36位。特に体の変調も疲れも無くバイクスタートへ。

バイクコース上は、今までの宮古島大会では考えられない強風の連続。バイクは最初から風が気になり、快調なペースとは言えない感じで距離を進める。
ほどなくトライオンジャージの敦ちゃんに抜かれ、続いてこうたん、絵美さんとパスされる。池間島を回り追い風になったところでやっと調子が出て来る。今回の補給は、カーボショッツ5ヶ水溶液(理科の実験みたいな言い方)とパワーバー3ヶ。
あろうことかパワーバーは、千切らないでそのままトップチューブへ貼りつけるミスを犯してしまう。このため、手で千切ってもフレームに残った方のパワーバーが振動や風で取れてしまい、約1ヶ分を落としてしまう。さらに今回のレースは、強風のためいつものバイクライドよりエネルギーの消費が多く、明らかにカロリー摂取不足となる。

そして、2周目の東平安崎では、タッチが固めの支給ボトルに手こずり、気をつけていた差し歯が取れてしまい、とれた歯はそのままお別れとなってしまいました。
そんな無様バイクライドを耐えに耐え、ぼろぼろでゴール。4:46:13、スプリット87位。おそ。

宮古バイク(2013)


そしてランスタート。右足義足側のハムから臀筋にかけて感覚が無い。
タイムはともかくとして、身体には相当負担がかかった様子。それでも今シーズンから投入した義足は速くて身体、特に断端部(義足と切断した足が当たるところ)に優しい新兵器だと信頼して、義足側にもしっかりと力を踏込んで歩を進める。ほどなくYAO監督と並び暫し談。前はひとりだよと教えていただき力が入る。
前の選手とは、ご存知滋賀のこうたんこと室谷選手。せっかく宮古を走らさせてもらっているのだから、どんと行こうという気持ちになりペースアップ。
20キロポイントのタイムが1:33:07。悪くないタイム。しかし折り返しから向い風が気になり、さらに目が霞んでくる。ガス欠の兆候。バイクでの補給不足が響く。

宮古ラン(2013)


暫く走って友人から室谷選手と差は8分!との檄。
しかし正直なところ、ここで既に前を追う気力は残っていませんでした。
当たり前だが、とにかくゴールを目指す!
実は、昨年は50-54エイジ2位入賞をいただくも帰りが昼の飛行機だったので、表彰式は参加することは出来ませんでした。
そして今回は色気を出し、帰りを19時出発の便としました。そんなことがあったので、絶対表彰台は立たなければなりませんでした。
「年齢は関係無し。固定観念を打破すべし」と自分にいつも言ってはいるけれど華やかな宮古の表彰式でのエイジ入賞は憧れでした。
自分に鞭打ち、叱咤激励のうちに35k地点通過。「まっすぐ行けばゴールは近いのに、なまじ宮古の道路事情を知っていると苦労するな。」などと、独り言ともつかないことを頭に思い浮かべながら、平良市街地方面へ左折。
あと7キロあるが、これからは応援も多くなりウイニングロードのようなものと気持ちを切り替えると、きょう一番の精神状態とランニングがやっと来てくれました。
あと2キロの表示を最後に、競技場へ上る坂を終えると一気に競技場へ。
トラックに入ると自然にガッツポーズが出ました。
このトラックの周回は、過去に太陽がとっぷり落ちてからのゴールを何度も経験し、辛くて苦しいが、その当時から現在に至る道程が今ここにあるこの場面なんだと全身で実感しているひと時でした。第2ランゴール!3:30:25、スプリット36位。

総合タイム8:43:58、総合順位1470人中35位、昨年と同様、50-54エイジ2位入賞という結果となりました。

宮古賞状(2013)


今回は、非常に反省点が多いレースでしたが、現在自分が持っている実力をなんとかゴールまで持続させた薄氷を踏む思いで得た結果でした。
この場を借りて大会を支えていただいた実行委員会の皆様。宮古島市民の皆様。日々のトレーニングにつき合ってくれる仲間、そしていつも気持ち良く送り出してくれる家族にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

日焼け具合だけは強豪エイジ、よねだです。

念願のNEWウェアが出来上がったこともあり、隊長が自ら手渡しのためつくば練に参加してくださいました。
隊長から受け取るなんて、気合いが入ってしまう。

(●`・ω・´●) ドヤッ!!
111.jpg
photo by シモン山紀信さん

似合う?似合わない?
とにかく、これを着て遅く走ることはできない。見合った練習&実力をつけなきゃだ!

・BIKE練
YOSHIMURA特急に触発され、あーやばいやばいと思ってたらやっぱり高速巡航になってしまった。
最初の足合わせは約70km地点、遅れて到着したぼくに隊長が用意してくれていたのは入隊祝いのシフォンケーキだ。
隊長、ご馳走様です!
1111111.jpg

シフォンケーキを食べてさらに元気になった先頭集団は、ますます加速してしまいました。
唯一撮れたのが、これ↓
11.jpg
向かい風も上り坂もお構いなし、つらいなぁ(゚∀゚ ;)と思っていたら、脚が完全に売り切れてしまいましたよ。
元気な4人は、帰り道も裏不動で火花を散らしていたようです。
青空の下、予定通りの150kmライドは気持ちよく走りきることができました。

・RUN練
こちらも手抜きは一切なし、ちゃんと5.3km×2周しましたよ。
ここでは隊長と川島さんが火花を散らしておりました、走れども走れども追いつけないΣ===(*A ´Д`)= 3
あーお腹いっぱい、しばらくRUNはいいや。。

地面に這いつくばるイモムシよねだに隊長が用意してくれた入隊祝いその2が今年初物のスイカだヽ(^◇^*)/
1111.jpg
りょーちんさんに切り分けてもらって、みんなで美味しくいただきましたよ。
隊長、またしてもご馳走様です!

厚い待遇を受けたなぁ、なんて解散のときに喜んでいる米田に隊長がぽつり一言。
「次の大会、表彰台よろしくね!」
ちょっと返事に戸惑ってしまったが、もちろん出場する大会は狙うつもりです!

去年の村上でごーいちさんの規格外の走りに魅了されたぼくのように、ぼくもまた、観る者を魅了する走りをしたいと思います。


よねだ

皆さまいかがお過ごしですか。いよいよシーズン到来といったところでしょうか。

私は年末年始からの超体調不良を押して走りまくり、恒例の1月2週のフロストバイトマラソンで潰れ、2月の1週には犬の散歩中にギックリ腰で動けなくなるという今シーズンは散々なスタートでした。

そんな中でも、昨年9月の横浜パラトライアスロン優勝を評価していただき、スポーツ義足シェア№1のオズール社より新型板バネ形状義足の提供を受けておりました。その義足が2月下旬に届く予定でしたので、その間新たな走りを楽しみにしておりました。そのような訳で、表題3レースを何回かに分けて報告いたします。


【その壱 3月24日千葉佐倉フルマラソン】

佐倉は、2002年に初めてサブスリーを出した思い出の大会。職場の若者を強引にフルマラソンに誘った手前、無謀にも宮古4週前のフルマラソン設定となりました。ちょうどこの日は私の51歳の誕生日。ギックリ腰のトラウマを引き摺ってはいましたが、新型義足は衝撃吸収性と反発性が格段に向上しており、それが届いてからキロ4分30k超走を数回無理なくこなすことが出来ました。以前は30k走れば断端部(義足と切断した足が当たるところ)の擦れによる傷のために約1週間のインターバルを余儀なくされましたが、新型はその時間を短縮してくれました。

設定タイムは、ここ数年来の懸案である50分切り。当日は体調が思わしく無く、前半トイレに入ったもののハーフが1時間24分31秒、30kがちょうど2時間。残りキロ4分で押せるかどうか不安でしたが、いつもこのあたりから怪しくなる義足の擦れによる痛みが今回は少なく、前を走る選手がどんどんこぼれて来るのが実感できました。

結果2時間47分45秒、5203人中31位、40歳~59歳男子の部2661人中4位入賞となりました。

正直なところ、念願の50分切りを達成できた喜びよりも、義足接合部の擦れによる痛みが大幅に軽減したことの方が嬉しかったです。数年前50分切りが出場要件だった別府大分マラソンに大手を振って出場できます。来年の別大は、前半少し突っ込んでみようかな?

次回は宮古島トラ報告いたします。

佐倉マラソン

Kaoruです♪

5月12日、横浜トライアスロンに参戦してきました。
私は51.5kmのレースはデビュー以来出ておらず、3年半ぶり、しかも国内でこの距離は初、関東近郊のトライアスロンのレースも初めて。
という事で、色々な方に『応援にいくからねぇ~』と言われ、結構緊張しておりました(-_-;)

本当はごーいちくん、りょーちんに続いてエイジ1位!!と行きたいところですが・・・。
結果は女子総合5位、エイジ2位でした(^_^;)
スタートリストや去年のリザルトを見て頑張ってその位置だろうと思っていましたが。

swim:

水温が低いのは承知済み、でも思ったより私は体感的には平気でした。
Waveスタートで女性のみなので、バトル無く、さくっと抜け出せると思っていました、常滑がそうだったから。
そのつもりでスタート位置気にせずにいた私。でも51.5kmって違うのですね(^_^;)
号砲と同時に殴られ、ゴーグルがずれ水が入ってきて、また殴られの繰り返しでびっくりしました(@_@)
そっか、全速力だから皆必死なのか、と思いつつ、ゴーグル治して泳ぎだしたけどペースがつかめず2周目へ。
あぁ~頑張らないと怒られちゃうな~なんて思いつつ、ちょっと泳ぐと5分後にスタートした男性やリレーの方が沢山。平泳ぎの方々などを避けながら泳いでなんとなくswim終了。

0:25:55

bike:

元々前には数えるほどしかいないはずだし、練習の成果を出そうととにかく追いかけることに。
すぐに数人パスできたので、その後もひたすら追いかける…山下公園付近に応援がいるかなぁ~
なんて思い、下り基調のストレートに入っていくとすごく気持ちがいい!
誰がどこにいるのか分からないけど、とにかく声援がすごくて更に気持ちが良い(*^_^*)
思っていたほどコース上のコーナーはきつくなかったのだけど、ペースダウンを連呼されるので、言われるとおりに…その後2周目からは人が増えて抜きながらのbike。
知り合いをパスするときに声をかけたりして、すごく楽しかったです。あっという間の6周回でした。
せっかくなので1周目の誰もいない写真を(^O^)

横浜bike
Photo by うめちゃん

1:10:09

run:

スタートしたものの、脹脛に痛みが出て、足も思うように動かない。
明らかに遅いけど調子がすぐ戻るだろうとそのまま走っていたら、沢山の応援という名の注意?罵声?
『かおるさーん、これロングじゃないよぉ~~~』
『ちゃんと腕うごかして!!!』
『JOGってんじゃないよ~~~』等々…優しいお言葉をたくさんいただきました(笑)
わかっておりますが思うように動きません(>_<)
動いた!って思ったのが残り2km辺り、そこからしっかり走りましたが、もう時すでに遅しです(T_T)
写真で比べると一目瞭然なのですが、ここにはちゃんと動いている写真を♪

横浜run
Photo by ランボー君

0:42:24 Total 2:18:31

こんな内容ですがエイジ2位頂きました(^O^)

横浜表彰式②
Photo by 藤田さん

今回のレースで感じた事…。

swim
プールで時々1500TTをするのですが、いつもごーいち君とそんなに差が無いのに、海になるとぐっと差が付くのは何なのでしょうか(^_^;)
今回に限らず、いつもなので海が苦手なのかウエットを着て泳ぐのが苦手なのか。
もともとウエット着ると動きにくくて嫌だったので、プールでも何回か着て泳ぐ必要があるのかもしれません。

bike
ロングで同じエイジの女性が皆、とにかくbikeも速いので、未熟ながらも練習は積んできたし、40kmだし、そこそこ行けるだろうと自信がありました。だって、よく一緒に練習しているのが、bikeラップ1位のごーいち君、bikeの神様とーるちゃん、その弟子ランボー君、という何とも贅沢な顔ぶれで、ひたすら追いかける練習の日々。
こんな方々が足手まといの私と一緒に練習してくれているのに負けるわけにいかない。
でも、女子で1位ではありませんでした…トランジットが人一倍遅いことを自分でも忘れてました(~_~;)
T1ではウエット脱ぐのに戸惑いもたもた、T2ではランシューズが入らずもたもた。
実は靴べらなんかも使ってますけど…(^_^;)
1位の松本さんにも「トランジでトラブルでもあったんですか?」と言われるくらい遅い。
ショートの方々は更にトランジが早いですからね。これって練習とかでどうにかなるものなのでしょうか(^_^;)

run
もっとも不安でした、ただただ練習不足です。反省にも値しません・・・一番好きなのに~(>_<)

今回のレース、知り合いの方から本当に沢山の応援を頂きました。

まずはチームメイトとその家族の皆さん、応援のみのチームメイトは皆会場までrunできてました(笑)
ominoの皆さん、お世話になっているbikeショップのお客様たちで私も以前このジャージで参戦していました。
TTCの皆さん、お酒大好きのんべーの集まり、以前このジャージも着てました。速い人もいるんですよぉ~。
Maestroの皆さん、王子が以前お世話になっていた仲間。
他にもNAS関係の皆さんや、メイストームの大西さん、高校時代からの親友。
他にも沢山の方から応援を頂き、内容はともかく、楽しいレースが出来た事、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも反省ばかりのレースですが、皆さんの応援を裏切らないよう、同じ思いをしないように心得て練習をしていきたいと思います。

本当にありがとうございました\(^o^)/

Kaoru


ども、りょーちんです。

2年ぶり4回目の51.5でかつ横浜は初挑戦の大会
テクニカルコースと聞いていたし、本格的に練習に取り組み挑む51.5のレースは初めてだったのでどのような結果になるかが楽しみでしたが、思いのほかよい結果を収めることができました。
これもチームメートのお陰だと思ってます。
VIVA TRION!!!
と、いうことで詳細レポートです。

<< swim >>

〜凪のち交通渋滞、時々必殺キック?〜

海の視界は残念ながら横浜なので期待はしていないが、変な匂いがする訳でもなく、
また、波はなくほぼ凪で水温は冷たすぎずレースコンディションとしては最高!!
海に入ってスタートまで待ちきれずにいた。
スタート後、猛烈に飛ばす選手がいたので付いていくも1stブイで明らかに失速しているのがわかったのでパス。
このまま突き放すしかないと思い飛ばすも前方から5分前にスタートした選手達の群れに追いついてしまい、同カテの位置の確認はこれ以降できず。
そこからは順位うんぬんではなく、いかに上手に選手達を抜いていくか。
凪のコンディションが一変、ブレストのキックで痛恨の一撃を食らうのではないかと終止ハラハラドキドキだった。
マナーのよい選手が多かったようでブレストでキックをくらうことなく、また不運にも乗り上げてしまった人に足を引っ張られて嫌な思いをすることなくスイムアップ。

20'40" rank2

目の悪い自分にとってこの大会のブイの大きさには大変助かった。
規模の大きい大会はほんとうにすばらしい。
しかし、トランジまでの距離がちと長いなあ。。。(400㍍)

<< bike >>

〜なんと、ごーいちさんより先攻!?〜

昨年はファミリーマートの前で応援だったけど、今回は応援される側。
あの観衆の中を走ったらさぞかし気持ちいいんだろーなーなんて去年思っていたけど、
実際、ちょーーーーーーー気持ちよかったあ(*^^*)♪♪
すごく長いと思っていたあの直線がすごく短くて、あの2倍くらいあったらいいのになあなんて。
応援してくださった方には心から御礼申し上げます。
本当は減速してハイタッチでもしたい気分でした(爆)
コーナーで隊長からごーいちさんとの時間差を教えてもらう。
2分先攻
(><;)
んなばかな
と、思いつつ必死にこいでバイクフィニッシュ

1:02'24" rank 2
split 1:23:04 rank 1

なんとごーいちさんより先攻!!
でもバイクラップはごーいちさんに次いで2位
これは日頃のコソ練のお陰か(笑)
でも正直嬉しい

<< run >>

〜必死、そのひとこと〜

要所要所で隊長からごーいちさんとのタイム差を教わる。
徐々に詰まっているのはわかっていたけど、なかなか足が先に進まない。
ああああスピードがでない。。。
とレース中に嘆く。
同カテでゼッケンが近く明らかに速そうなIMAMURAさんと桟橋ですれ違う。
ああああ抜かれるううううう。。。
とレース中に焦る。
もう必死で腕を振る。それしかできずもがきの10㌔
応援に応える余力は残念ながらありませんでした。
でもちゃーんと聞こえてました。
ありがとございました。

33’36" rank 10

total 1:56'40" rank 3 age 1




<< 総括 >>

無我夢中でした。
レースペースとかなーんも考えずにはじめから爆泳爆走。
今回はこれに尽きます。
2年前の51.5のバイク終了時には脚が子鹿のようになっていてみっともない姿だったことを考えると、バイクで大腿四頭筋が売れきることなくランに繋ぐことができたのは一つの収穫だったと思います。
ただ、肝心のランで差を詰められてしまったことは今後の大きな課題です。
今年は51.5に出場する予定はありませんが
この悔しさを70.3やアイアンマンにぶつけていきたいと思います。
最後に、応援してくださったTRIONのメンバーやその他知人のみんさん、ご声援ありがとうございました。
ものすごくがんばれました♪
今回、トライアスロンで初の表彰台でした。
一番上って気持ちいいですね(><)


IMG_3587.jpg
なおこさんより


りょーちん

2013世界トライアスロンシリーズ横浜大会 レースレポート go1

2013年初戦の横浜。8か月ぶりのレースで、実戦感覚を取り戻すことを目的にエントリーした大会でした。
それでは、さくっとレースレポートいっときますよ。


スイム
水つめたっ!公式発表で19度。やっぱりこの時期の海は冷たいよね。。
今回は同カテにゲンちゃんがいたのでそこを目標に泳ごうと思ってた。ところがレース前に話を聞いてみると、肩を骨折してるとか。うわ、マジで?それでよく泳げるね。
で、スタート。さっそく3人のパックに。先頭に知らない人。横にゲンちゃん。骨折してても速い人は速い。第2コーナーを回ってすぐに先頭の人が突然下がりはじめる。成り行きで先頭に。スイムは頑張らなくてもいいんだけどな。。
で、1周目を先頭で通過。後ろにはゲンちゃん。2周目の第2コーナーを過ぎるとゲンちゃんが猛然とスピードを上げる。当然ついていけない。そんなこんなで、カテゴリー2位でアップ。ま、こんなもんでしょ。

Swim 22:00 rank 8
レース前にはいつも1500mのタイムをとっていて、今回は去年の9月よりも1分も遅かったけど、スイムアップは去年より39秒速い。メイストウェットのおかげだね。



バイク
6.6kmを6周回ってことで、当然コースには人が溢れる。溢れる人々を避けたり、コーナーのラインどりを気にしてるとあっという間に6周回は終了。今回もホームストレートでの応援に力をもらう。シマノのバンの前に伊谷さんがいて、写真を撮ってくれるので、そこはちょっと頑張ってみたり。3周回目かな、抜いた1人に「ゴーイチさん、はやっ。」って言われて気をよくしてみたり。どなただったんだろ。6周回目かな、抜いたら猛然と付いてきたディスクホイールの人。一瞬前に出ていきましたが、どなただったんでしょ。

Bike 1:01:43 rank 1 split 1:23:43 rank2
P5は速い。間違いなく速い。蹴りだしが速い。それでいて乗り味がソフト。ランに足も残せる。間違いない。



ラン
肩の力を抜いて楽に走ることを心がける。沿道の応援が心地よい。なんだか楽しくって仕方がない。最高の天気。最高のロケーション。盛大な応援。あー、トライアスロンっていいね!

961407_420631591369249_903816579_n[1]
Photo by Junichi-san.

Run 32:43 rank 5 total 1:56:26 rank 1




いつもはレース前に自分なりの目標を決めて走るのだけど、今回はオフトレの成果がどれだけ出せるかが未知数だったので、タイム的な目標は一切なし。その代わりに気持ち良く走ること、楽しんで走ることを目標にした。そしてその目標は100%達成できたと思う。
そして結果は総合優勝。倉内くんに先着することわずか2秒。こんなのあってないようなもんでしょ。時間差スタートじゃなければランの切れる彼に間違いなく差されてるよ。たまたま運が良かったということでしょう。
そして3位はチームメイトのりょうちん。スイムはチョッぱやだし、バイクも長い手足ですいすいと漕ぐので、いつかやられるなーと思ってるのだけど、今回はなんとか先着。今は足が故障しているようだけど、これでランも走れるようになったら、彼はやばいよ。

チームから表彰はパラTRI5で3位のふるちゃん(ふるちゃんは誘導ミスがあったのにも関わらずずこの結果)。かおるさんが総合5位、エイジ2位。りょうちんが総合3位でエイジ優勝。これって凄いよね。


表彰後、メダルを片手に、ランで応援に来てくれた隊長、よっちゃん、とーるちゃん、らんぼーくん、みんなで氷川丸をバックに。

IMG_2272.jpg
Photo by Chako-chan


そしてこの後は恒例の中華街で打ち上げ。ガッツリ食って、体力回復だぜ。


いやーそれにしても思い入れのある横浜。3年連続出場で、一昨年DNF、去年2位、今年念願の優勝。なんだかうれしいね~。
横浜最高だよ、サイコー!!!

ゴーイチ


明日はタイトルの通り、初めての51.5k♪
横浜トライアスロン(o^^o)

この距離は、息があがりっぱなしで、息つく間がないので、大変そう!!
というイメージから参加したことがありません。
あとスイムが遅いから(^^;;

でも、観戦者が多そうなので、久々に息あがりっぱなしで、楽しんじゃおうと思う♪
そして、
久々に応援にきてくれる奥様に少しでも良いところが見せられるように頑張っちゃってみます(^-^)/

さてさて、
どーなることやら(^^;;

よーへい


明日は横浜トライアスロン、今シーズンの初戦。
去年の最終戦も横浜、今年の初戦も横浜ってことで何か縁があるのかな。

昨シーズンからステップアップすべく、オフシーズンの間に3種目の練習のバランスや練習内容を見直してみたりしたわけで、その結果が試されるのが明日。

レースは相手があるものなので、順位とかはやってみないとわからない。とりあえずはオフに取り組んだことを信じて、身体を気持ちよく動かして、レースを楽しみながら走る。自分のレースをする。気持ちでは負けない。いつもレース前に気にしていることと同じだね。

レースでしかなかなか会えない人達に会えるのも楽しみ。
レース出場の皆さん、明日は横浜の街を楽しんで走りましょう!

やるぜ〜。



そうそう、今大会ではニューギアを3種目ともに導入。ウェアは今まではツーピースを使ってたけど、ITU規格のワンピースを新調。JPNとか書いてあっちゃって背伸び感丸出しだけど。
ウェットは当然出来たてホヤホヤのメイストームウェットスーツ。バイクは例のあれ、Cervelo P5。Simply Faster。横浜みたいなテクニカルなコースに合うのかは不明だけど、とりあえずいっとくでしょ。
ランシューズも心機一転、今年は去年までのとは違うメーカーのやつで。

ニューアイテムをレースで試すのってワクワクするね!

やるぜ、やるぜ〜!


覚えてる?あれはもう4ヶ月も前の事。
メイスト皇居駅伝でTRION桜が見事優勝、優勝賞品のメイストームウェットスーツをゲットしたって話。
(覚えてないこまったちゃんはこちら → http://teamtrion.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

そのウェットスーツがとうとう完成、ってか、だいぶ前に出来上がってたんだけど、今日やっとお店に受け取りに行ってきたよ!


とりあえず写真をパシャ。こんなかんじ。

IMG_1939.jpg

胸にはTRIONのロゴ、そして右腕、左脚、背中にメイストームのロゴの特別仕様。うきゃー(歓喜)!

そんで、試着。新しいゴムのにおいに包まれつつ腕、足を通す。
うわ、柔らかっ!!!
んでもって、適度な締め付け感。姿勢を矯正してくれて、楽にストリームラインがとれる。

で、やっぱりトランジッション時間短縮のためには素早く脱げないとってことで、わざと少々乱暴に脱いでみる。うんうん、スパッと脱げるよ、スパッと。

いままでは少しでも早く脱げるように袖なし、フロントジッパーのショートジョンタイプのを着てたけど、フルスーツ、ノージッパーでも全く問題ないね。こいつは武器になるかもね。



ということで、今週末の横浜で早速の実戦投入。
やるぜ~。

ゴーイチ



4月1日、一枚の紙っきれで名古屋転勤を命ぜられたワタクシしらいおん。
GW前半には引っ越しをすませ、完全に名古屋人の仲間入り、と思いきや、友達少ないからボッチなもので…。
さらに言えばモテない金ない実力ないと三拍子揃ってるわけですから優雅に新幹線で東京へ戻ることも叶わず。

ならちゃりで帰省すればいんじゃね?

と、ゆーことで、5月3日5時30分、名古屋市東区矢田を出発ですよ。
お守り代わりにTRIONジャージ着込んで。

で、一時間後、何故か東海JCTにいるオレ…。
環状線を南下して笠寺から国道一号のはずが、なぜか常滑に向かっちゃってるわけで。
で、動揺しちゃったせいか東へ急ぐがゆえに伊勢湾岸道に突入しちゃったりしたことに大府ICの看板を通過してから気づいちゃったりして。

もーね、前途多難な滑り出し。

しかし、名古屋南ICで無事一般道に降り、訳が分からないながらも刈谷⇒安城とフラフラしながらも岡崎で奇跡的に国道一号に復帰したわけですよ。
で、豊橋で合流した静岡まで帰省するという高校生サイクリスト君を巻き込んで道案内させるという暴挙に出て湖西で一休み午前9時30分。
そんな彼とは次の休憩地点、国道150号掛川のサンクス小笠大東店、11時まで仲良くランデブー。いやー彼がいなかったら完全に道に迷っていたと思われる。ほんとさんくす♪

しかしそっからは一人旅。御前崎の原発をスルーし、予定より早い時間ながら眠気に耐えられずオカモト静岡工場目の前のセブンイレブン吉田町神戸日の出店で再補給しつつの昼下がり。
って、このペースだと日没までに箱根に着けないんじゃないかとゆー漫然とした不安を抱えつつレッドブル投入して先を急ぎつつの大崩海岸突破、で、静岡市抜けたら海岸っぺりはちょう向かい風ですよ。
それまでが追い風だったことに感謝しつつもそっからはずーっと風に抗うの巻。いちごラインから清水抜けたら興津でとうとう電池切れレッドブル15時。

でも、地図立ち読みしたら三島まで45㌔ちょっとじゃねーすか。
楽じゃねーけど、がんばりゃなんとか箱根に取り付けそうですよね♪

で、がんばって向かい風に逆らうことしばし。
由比の太平洋自転車道あたりからは楽しそうなローディー達も増えてきたりなんかしてホッとするも神経を逆なでされたりして。だって、こっちにゃよゆーネェし。
で、沼津の千本松あたりでは仲良くバイク練するカップル(っぽく見えた)に嫉妬しつつもDHポジションでTRIONを見せつけつつヌルー。

したら、その先にも膝にビニール巻いたトラっぽい、使い込まれたパナソニックのバイクがオーラ出まくってる人がいたもんで「膝どーしたんですか?」とか声かけてみたらウチんちの丸さんとお知り合いなハワイな「長嶋さん」だったよーで。
「今年スロット取ってね!!」なんて応援いただくも、長嶋さんオレのこと知らないっしょ?TRION最弱のしらいおんでっせ?ハワイなんて奇跡っすゎ。
とか、人の温かみを感じつつセブンイレブン三島谷田北店に16時45分!

やったぜー!日があるうちに箱根取付いたぜー!

ってことで補給取って17時から箱根アタック。
すっげーさみぃ芦ノ湖抜けて、なんとか日暮れまでに旧道奥湯本から下山。ローソン小田原酒匂店に19時。

そっからは茅ヶ崎から産業道路上がって21時帰宅。真っ暗でもなれた道は怖くないもんです。
ってか、ちゃんと街灯があるってすてきなことよね。

と、丸一日かけましたが、名古屋が自走圏内だと証明してみましたYO!

名古屋在住の方、東京へはぜひ自転車で。
東京在住の方、名古屋へはぜひ自転車で。
問題は、食費が高速バス代を超えてしまうことでしょうか?

ってか、来てしまった以上帰りも自転車というのが世の常というもので。
明日5月6日、上記道のりを逆走しているネイビーのTRIONはワタクシですので、見かけたら優しくしてください。




げんなり…。

タムです。
今日は、川島さん、石倉さん、米田君とトライオン筑波支部練をしました!
今日も180k行こうと言う事で頑張って来ました。
筑波大を7:00にスタートしてから10kの所にある不動峠で米田アタック!川島さんが付いて行く。まだアタックは早過ぎだろ…。でも頑張って上った!
終始川島さんの引きで自分は少し離されながらなんとか走る。
スタートしてから40kの所で川島さんのチェーンが落ちたので追い付き、そのまま自分が先頭になってスタートから55kの笠間のコンビニで休憩。
そこからはアップダウンが続くのでまた川島さんが引く。
次の休憩はスタートから100kの茂木の道の駅!GWなので混雑していました。
そこから10kだけ自分が先頭で、その後15kを川島さん、笠間に帰って来て、米が先頭になる!商店街の様な所で、ことごとく信号に止められるが、米のスタートダッシュでインターバル練習に…後ろのオヤジ3人はインターバル練習にやられてヘロヘロに…その後も米の何気ないダッシュに、少し離されながらなんとかスタートから155kのコンビニへ、ヘロヘロになって到着しました。
ラストは裏不動峠を上り朝日峠を通って元気な米の先頭で大廻りしながら大学に帰って来ました!そしてブリックラン大学一周5.3kをキロ4で頑張っておしまいでした!
バイクトータル183k、上り2100m、28.9AVでした。
私らオヤジ3人は若者にやられてしまいましたが、米田君が復活しはじめたので一緒に練習してあげて下さい。皆さんが来る頃には、かなり強くなっていると思います!終わり。
来週の横浜頑張ってね!




Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -