*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

またサボってしまいました!ごめんなさい!!
2年余りの冬眠生活から覚めたATSUSHIです。

3/18~20連休に行われたTeam TRION春合宿。大きな事故無く、成功裏に終わりました。
幹事のフルちゃん、★さんありがとう。

今回は仕事の都合等々でやや少人数になりましたが、ゲストも数名参加いただきました。
恒例のゲストさんからの合宿レポート。
今回は若手期待のキャベツ君ことOSAKAくんにレポートしていただきます。
体育会アイスホッケー出身の熱い男!からの渾身のレポート。

ではどうぞ。(長文です!)
trion合宿初日
連休ですからね。早めに出発して渋滞避けないと。。

--------------------------------------------------------------------
TRION合宿参加記
2017年3月23日
1. 自己紹介
3月18~20日の間、TRIONの合宿に参加させて頂いた「キャベツ」と申します。
本名は小坂と書いて「おさか」と読むのですが、99%「こさか」と読み間違えられ、訂正するのも面倒な感じなので、「キャベツ」とお呼び頂ければと思います。
ただ、最近は初対面の人から「何でキャベツなの?」と必ず聞かれるので、これまた由来を説明するのが小坂の読み方を訂正するのと同じくらい面倒になってきています。(今回の合宿でも同じ説明を繰り返しすぎて、最後のほうは説明前に笑ってしまうほどでした。)
今後は、深堀しても大して面白い話も出てこないので、キャベツの由来は「とんかつ屋でキャベツを大量におかわりしてたから」ということにしようと思っています。
そろそろ、「キャベツ」という名前は覚えて頂けたと思いますので、自己紹介はこの辺で終わりにして合宿参加記にうつろうと思います。

2. 参加経緯
2017年1月、敦さんから今回の合宿のお誘いを頂いて、軽い気持ちで飛びついてしまったのがことの始まり。合宿1週間前くらいに敦さんから合宿の参加案内が届き、予定をみて驚愕。
でも、ドSであり、ドMでもあるのでテンションは爆上がり!

3. 合宿初日
(隊長、御大、フルさん、ヒデさん、ランボーさん、敦さん、りょーちんさん、よーへいさん、かおるさん、兼子さん、僕)
8時半に集合。9時にバイクスタート。
初日のバイクは、宿→鶴峠→道の駅こすげ(昼食)→鶴峠→宿の約75km。
3日間のバイクの目標は、「千切れずについていく」。「後方待機」でドラフティング効果を最大限活用する作戦。
…のはずが、人の後ろにつくと無性に前に出たくなる。前半は何とか我慢していたものの、耐え切れず。悲しき性と割り切り作戦変更、先のことなんて考えずに前にでる。
前にでると、とにかく頑張って速いペースで引っ張りたくなる。先頭を走る快感と、痛めつけられる快感でおさえることを忘れ、どんどん強度が上がる(押さえることを覚えたい)。鶴峠をのぼり切ったときの、絶望的な疲労は快感。
しかも、TRIONの皆様に負けじと頑張ったら、強度がどんどん上がり、なぜか最大パワー(20分間)の記録を更新。
その後は、道の駅こすげで昼食をとりがてら休憩して折り返す。帰りは下り基調だったので、何とかちぎれず初日のバイク終了。
trion合宿バイク②
前をガンガン引っ張りました!

バイクから宿に戻った後はすぐにスイム練。臼井コーチが用意くださったメニューで3,500mほど。
バイクで頑張りすぎてターンで壁を蹴るたびに脚がつりそうになる。こんなの3日間も続けられないよ、と思いつつなんとか終了。

スイムの後は、着替えてすぐにランニング7km。といっても、行きは下り、帰りは上りで獲得標高200m超。
往路のくだりであっという間にみんなが見えなくなる。速すぎて、どう頑張ってもついていけないので、歩かないことを目標にマイペースでトボトボ走って初日の練習終了。

疲れ果てて風呂に入り、部屋に戻ると、既にドリンクがスタートしてる…(この人達はどんだけ元気なんだ。)
結局食事1時間は挟んだものの、17:00から20:30まで飲み続けて、皆さんは翌日の早朝スイムに向けて20:30で就寝。
やっと寝れる…と思ったらランボーさんがまだ飲み足りないご様子。結局、ランボーさん、ようへいさん、僕で1時間延長戦をして21:30に就寝。
trion合宿宿舎
とある写真で大盛り上がり!おじさんたちは×▲◎に弱いんです。

4. 合宿2日目
(隊長、御大、フルさん、ヒデさん、ランボーさん、敦さん、りょーちんさん、よーへいさん、タムさん、各務さん、僕)
4:30起床、5:00からスイム。
2日目も臼井コーチが用意くださったメニューで3,800m程度。
みんな朝早すぎるだの、疲れてもう無理だの、なんだかんだ言いつつ、練習が始まるとキッチリこなす。さすがだな、と関心。

スイムの後は、朝食を食べて8時にバイクスタート。
この日のバイクは、宿→甲武トンネル→ちとせ屋→甲武トンネル→談合坂SA→宿で約80km。
2日目は後方待機なんて考えずに、ガンガンいけるところまで行こうと決めてスタート。
みんな口ではもう無理とか、千切れそうとか言ってるのに、前に出るとベッタリ後ろにつかれるから、「頑張らないと」と思いどんどんペースが上がる。甲武トンネル手前ののぼりで、1番で登りきると意気込んで頑張る。で、シッティングのりょーちんさんにまくられる。
その後は、気持ちよく下ってちとせ屋到着。頑張りすぎて、30km強で絶望的な疲労感。ただ、これまた快感。

ちとせ屋で豆腐を食べて休憩。隊長のつくったコースでは、藤原まで行くコースもあったけど、満場一致でちとせ屋折り返しで、ホッと一安心。(隊長1人は藤原まで行きたそうな感じもしましたが笑)

そこから気持ちよく下ってきた道を、甲武トンネルに向ってまた登る。で、談合坂に向ってまた登る。
談合坂でスタ丼食べてゆっくり宿に戻る…はずが、残り3kmの藤野駅から宿までののぼり坂でペースが上がって行き、最後はスプリント。1m差くらいで何とか先着!でも、これはTRIONの皆さんのちょっとしたやさしさか??
trion合宿バイク
最後まで気が抜けません!

バイクから宿に戻った後は2度目のスイム。
本来は朝と同じメニューの予定だったが、疲労度も考慮して自主練+りょーちんさんのドラフティング講座に。
TRIONの方々も本当に疲れるんだな、となんだかすごく嬉しい気持ちに。ちなみに、りょーちんさんのドラフティング講座は目からウロコ。

スイムの後は、また着替えてすぐにランニング。この日は宿→和田峠→宿、余裕のある人は陣馬山とのこと。
この日もあっという間に前は見えなくなり、歩幅50cmくらいで一人トボトボとのぼっていき、なんとか和田峠に到達。和田峠で折り返そうと心に決めていたのに、先陣の皆さんが待っていて陣馬山も登ると・・・
「この人達はどんだけ元気なんだ…絶対にムリ。」と思ったけど、私も「Noといえない日本人」の1人なので陣馬山も登ることに。結局、陣馬山まで登って、宿→和田峠→陣馬山→和田峠→宿で獲得標高725m(ランというより登山)。
trion合宿ラン
最後の最後まで力の限りを尽くします!

やっと2日目の練習も終了。
で、また風呂に入ってレスト無しでドリンク。19時から1時間ほど夕食で一旦レストとって、またドリンク。
結局22時ごろ就寝。

5. 合宿3日目(隊長、御大、フルさん、ヒデさん、敦さん、りょーちんさん、タムさん、各務さん、僕)
6時起床、朝食を食べて8時にスタート。
3日目のコースは、宿→雛鶴→おにぎり屋→河口湖手前のローソン→国道20号→宿で約100km。
少し早めに帰らないといけなかったので、りょーちんさんと御大とぼくの3人は河口湖付近のローソンで引き返すことに。

前半雛鶴の手前までは各務さんが15kmほど先頭を引く。朝の隊長からのコース説明では、フラットと聞いていたがローリングヒルが続くかなりハードなコース。また騙された…。
元気な各務さんがガンガンひくので必死についていき、またしても開始20kmくらいで早くも疲労は限界。と、ここに来て隊長が後ろからペースを上げて各務さんの前に出る。これはいかん、と思い慌ててペースを上げて先頭にでる。
雛鶴の最後の坂に差し掛かり、今日こそはとまた頑張る。で、なんとか1番で登頂。
「山岳賞を獲得!でももうムリ。」と思っていたら、隊長がきて「誰が山岳賞だった?」と。
「はい」と遠慮気味に手を上げると、「1位の特権でもう1本おかわりだ」と。
「正気?さすがに冗談だよね?」と思ったら、かなり真面目な顔。
「絶対ムリ」と思ってオロオロしていると、やさしい(?)TRIONの皆さんが全員でもう1本のぼってくれると。
変態だ。でも、こんな変態の集まりに混ぜてもらい、自分の変態度が上がる幸せを感じながらもう一本。

で、2本目の雛鶴のぼって、雛鶴→おにぎり屋の道は、早退する分頑張らないと、と思い、限界にチャレンジして先頭を引く。めちゃくちゃ疲れているはずなのに、あまりの気持ちよさに疲れを忘れスピードが出る。

おにぎり屋で白井さんと合流。そこから、河口湖に向ってダラダラした坂を上る。
早退するので、ここも頑張って引けるところは引く。

本当は河口湖インターのファミマで休憩の予定だったけど、道中いいところにローソンがあったので結局ローソンで休憩することに。早退組みともう少し走る組でわかれるので、TRION合宿はここで中締め。
りょーちんさんと御大と僕の3人は河口湖付近のローソンで引き返したが、その他の皆さんは富士五湖のほうまで行くといって、走り出した。この方々の体力はどうなってるんだか…
帰りは登りを回避して国道20号を使って藤野まで帰ることになったので、ゆっくり帰ろうと思っていたけど、結局「先頭を引かないと」と思い前に出て、「先頭に出たら頑張らないと」と思いペースアップ…。
この悲しき性をなんとかしないと体に悪いな、本当に抑えることを覚えたい。

宿に到着後は、着替えてすぐに宿を出発して帰宅。
trion合宿山中湖
居残り組は雄大な富士山を観に最後まで頑張りました。
trion合宿山中湖②
トラブルが多発したけどね。。

6. 総括
本当に人間か?と疑いたくなるような人ばかりでしたが、家族のように暖かい雰囲気が非常に心地良く、3日間めちゃくちゃ楽しく過ごさせて頂きました!合宿でご一緒させて頂いた皆様、本当にありがとうございました!

「わくわくしねえか?すげえ強いヤツと出会うなんてよ!もっと強くなるぞーっ!(by悟空)」と意気込み参加した合宿は、「こんな楽しい闘いはオラはじめてだ!!わくわくするぞっ!!(by悟空)」という気分で毎日を過ごし、最高に楽しい、あっという間の3日間でした!(滅茶苦茶しんどかったですが)
TRIONにはまだまだ僕が出会っていない「すげえ強いヤツ」がいると思いますので、もっと強くなる為にも、懲りずにまた練習会・合宿・飲み会にお邪魔させて頂けると嬉しいです!

あまりに楽しすぎて、文章書いていたらとんでもなく長くなってしまいましたが、ようやく書き終わりました笑

今後ともよろしくお願いします!


スポンサーサイト

Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -