*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、隊長こと田中です。
福岡国際マラソンには、これまで2回出場しましたが、相性が悪いと言うか実力が無いので、一昨年は16k、昨年は36kで回収されてしまい完走に至っていませんでした。
今年はハワイに行けなかったこともあり、今回こそは完走したいとの思いから、例年より1ヶ月早い9月中旬からマラソンのトレに入りました。しかし、3週間前に出場した10kレースでは、慣れないスピードにハムストリングが悲鳴を上げ5kでリタイア。ここを痛めたのは初めて。その後はこれまた慣れない鍼治療院に通院。幸い10日ほどで痛みは治まったもののレース前の走り込みは出来ず、不安を抱えたままレース当日を迎えました。

レース前のアップではデュアスロンチャンプの深浦選手に遭遇。
デュアスロンシーズンの真っただ中、カーフマン(東海)→アジア選手権(フィリピン)を経て、3週連続のレース参戦とのことで、このハードスケジュールは川内選手より凄いのではないでしょうか?!

さて我々Bグループは大濠公園からスタート。エントリータイム順でキッチリ整列させられます。
昨年までのエントリータイムの2:41:13では最後尾となり、常に回収車が迫ってくる恐怖感がありましたが、今年のエントリータイムは2:39:38に上がったので、後ろに200人以上の選手がいます。恐怖感はちょっぴり和らぎました。

スタートラインまでは8秒ほど。最初の1kは3:54とまずまずの滑り出し。国道に出て道幅が広くなってから3:42ぐらいへ。福岡国際は5kを19:30以内のペースで走らないと即回収されてしまいます。スタート直後は貯金も無いので特に緊張しますが、5k関門を18:42で通過できたので、まずは一安心。

5kからは若干の追風も感じ3:40ぐらいにペースアップ。少しづつ前の選手をパスしていく展開となり気分は↑↑です。しかし、12kあたりで痛めたハムストリングがピクッときたので、無理しないよう3:42~3:45で集団の流れに乗って走るようにしました。
周りの選手のペースは安定しています。給水も選手同士で気遣い、しっかり回し合うので、とても走りやすい大会です。

心配された雨も降らず、5k毎の関門では1分ぐらいづつ貯金を積み重ねことができたので、「よし、完走は問題ないな」「でも無理は禁物」「30kまでは温存温存」「そこからペースアップしてやろう」なんてことを考えながら順調に走っていました。

しかし、現実はそんなに甘くはありませんね。
キッカケは28kの補給の際、カーボショッツを落としたことに始まりました。12kでもアミノバイタルを落としていたので、今度は拾いに戻りました。
今回はSPIBELTを初めて使ったのですが、ゴム紐のためチャックを開けると、中身がバンバン飛び跳ねるのです。練習の際、試しておけば良かったと後悔しました。
カーボショッツを拾いに戻ったロスは数秒でしたが、そこから20人ほどの集団からジワっと遅れます。刺激を入れようと塩タブを舐めてみたものの、水が無かったため強烈過ぎて逆効果。あっという間に4:00ペースにダウンです。

30kの関門では貯金が5分ぐらいありましたが、33kで4:19まで落ちたときは、これはヤバイと焦りました。周りの選手より明らかに失速しています。車が後ろから来ると回収車ではないかと思いドキッとします。とにかく途中で回収だけはされたくないので必死に粘りますが、どうにもこうにも限界でした。
40kの関門を通過しても安心出来ず、完走を確信出来たのは最後のマラソンゲートをくぐってからという状況でした。

タイム的には2:42:00を切れなかったことに少し悔いが残りますが、それでも3度目の正直でようやく完走できたことは、20年以上前に初めてトライアスロンを完走した時と同じような嬉しさも久しぶりに感じました。

レース終了後は、一昨年のハワイで4位の北里選手と天神のスーパー銭湯へ。
北里選手からは「来年もアイアンマンには参戦しないので、45-49の皆さんは安心して下さい」という(暖かい?)メッセージを頂きました(笑)。


5k   18:42        495位
10k  37:00(18:18)   409位
15k  55:31(18:31)   384位
20k  1:14:08(18:37)  379位
ハーフ 1:18:16      376位
25k  1:32:45(18:37)   384位
30k  1:52:07(19:22)   405位
35k  2:12:53(20:46)   446位
40k  2:34:18(21:25)   440位
ゴール 2:43:49(9:31)   442位/672人中


帰宅後、今回のリザルトを分析したところ、10k~28kまで同じ集団で走っていた中の速い選手は2時間35分でゴールしていることを確認。やはりマラソンは30k以降の粘りが如何に大切かを痛感しました。一方でスピードの無い私でも、2時間35分までは記録伸ばせるのではないかという期待も抱きました。

さて次は別府大分毎日マラソンです。TRIONからは7名が出場。仲間が多いと気持ちも高まります。かぼす君くんとの再会も楽しみです。再び自己ベスト更新に挑戦したいと思います!


平和台陸上競技場 (320x240)
Aグループは平和台陸上競技場がスタート。


大濠公園 (320x240)
Bグループは大濠公園がスタート。とてもきれいな公園です。


福岡スタート前 (320x240)
スタート前にパチリ。エリートレースなので所属陸協以外のユニフォームは着用できません。


福岡タオル (320x240)
FINISHERタオル(写真上)は畳一畳分ほどの特大サイズ。昨年まで回収車の中でもらったタオル(写真下)とサイズが違うことを帰宅後初めて知りました。DNFの選手が多いので、わざわざDNF選手用のタオルも作っているようです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -