*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

マラソン日和、小春日和の国立競技場。
Field.jpg

前日念入りの指圧を受け、5年振りのヨガをして・・・ヨガ?
案の定、朝起きたら、首、両肩、腰がバキバキ(苦笑)
「あ〜今日はゆったりレースかなぁ」のた〜はらです。

新宿シティハーフマラソンに出場のため、国立競技場に入ったらスイッチオン!
1月末のレース結果は毎年『凶』と出るのが、いつもだが、今年はちょっと違うぜ!
sato-chan.jpg


競技場の坂道、スタートライン、イチョウ並木ですれ違う知り合いから大声援をもらって、スピードアップ!
最近「ヨシオちゃん!」って呼ばれることが増えてきた(笑)

5Km地点でラン仲間のゴワさん(PB1時間13分!)をパスし、ますます調子に乗る。
レース前に見た去年のResultでは40歳以上のトップ3位のタイムは照準内♪
前を走る40歳以上の印の青色ナンバーカードはすべて敵、全員抜いてやる!
でも焦らない、今の俺は前後半同じペースで走れるのは、フロストバイトで証明済みだ!「何人たりとも、俺の前は走らせねぇ〜」(サーキットの狼より)
1周目の明治通り〜千駄ヶ谷駅〜明治公園はスムーズ。HISの皆さんの応援に元気づけられ、青色ナンバー1人をパス♪
2周目に入り、イチョウ並木で後ろから来た大集団(東北と書かれたユニフォーム着用)にあっと言う間に抜かれる。「負けるか〜」と数m後ろから付いて行く。
15Km御苑トンネルに入るところ、前を走る青色ナンバーは1人(だと思う)を捕まえる。トンネルの中は後ろからの足音が凄く響くので、誰かがすぐ後ろにいるように聞こえる。前を走る選手も同じように感じるように、しょっちゅう振り返っていた(笑)
明治通りに入り、いつも通りの渋滞に巻き込まれるが、「右行きます」と声をかけると、みんな左に避けてくれる♪去年よりずっとみんなのマナーがいいね♪
ペースが落ち、後ろから追いつかれる恐怖におののきながらも、ペースを上げる。もう、前を走る選手は大勢にまぎれ見えないということは、後ろの選手にも俺の姿は見えないね。
3周目のイチョウ並木はハイタッチ無しで、最後の力を振り絞る。
トラックに入り、前の選手は200m先、電光掲示板に表示された時計は『1:14:20』
100mを20秒で走れれば、15分切れるかも〜
フィニッシュ後時計を見ると、1時間15分03秒。惜しい〜
もしかして、エイジ1位???金メダル?

「チップ返却お願いしま〜す」
「はいはい・・・んっ無い?」
「もしかしてさっきトラック入ったところで、ナンバーカードが取れかかっていたときに・・・ってことは、トラックの向こう側?(苦笑)」
その後ラン仲間から「あっ第2コーナーに落ちてましたよ」って。
・・・つまり、エイジ優勝は、幻?
金メダルは、夢?
Result.jpg
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -