*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の投稿です。

思えば、年明けからIRONMANのトレーニングに陰りが見え始め、同時に仕事へのモチベーションが
どうしようもなく下がり、奮起してのベトナム志願。
まさか2週間後に赴任になるとは本人もびっくりでしたが、その後は目まぐるしい毎日。
Ironman Melbourneと宮古島への参戦は何とかお許しを乞い、ただトレーニングは環境不備もあり、
仕事の引継ぎなんやももちろん疎かに出来るはずもなく、それまでの1/3以下に。
ベトナムの田舎町をモーターバイクのクラクションに怯えながら車道をランニングし、そのモーターバイクを
怒涛の追い抜きでバイク練習をし、近くの海岸で大波とサメに怯えながらスイムの真似事をしてみました。

それでもMelbourneのラン中盤までは、日本人トップとなり、ハワイスロットも射程圏内でしたが、
練習不足が災いしたか、補給の失敗か、胃腸の異変か、大ブレーキでヨロヨロゴールで救護室送りとなりました。

その後1ヶ月弱。
着任早々にして、現場を空けることの後ろめたさを感じながら、それでもローカルスタッフ等が一所懸命
働いてくれたお陰で、宮古島へのリベンジレースにも臨めました。

もう、練習不足を繰り返し言うこともアホらしく、重い身体を労わりながら、気持ち良く完走、を目標に
宮古島の空気を思う存分吸って、久々の再会となる仲間達のと触れ合いを楽しむよう気持ちを切り替えました。

レース当日はMelbourne同様の大荒れの天気。風に至ってはより強く。
まともな練習「ゼロ」のスイムがなくなったのは、少し複雑でしたが、お陰であまり気負うことなくレースに
臨めました。

1stランから結構皆飛ばすんです。カーフマンのドラフティングレースならいざ知らず、そんなに飛ばして
どうするの?てな具合で。1stランは40位程度。ロード用のバイクシューズがライディング中になかなか
履けずに腰が吊りかけながら少々のロス。

序盤から滋賀の強豪エイジの○谷さんや、女子プロの○井絵美選手、栃木のベテランプロ○原選手等と同じパックで
進みました。そして後ろから脱兎の如く追い抜く元MTBオリンピアン竹○選手。
理想は○原選手等とパックで進んで、終盤に上げる。竹○選手とは10分差でバイクを終えること。
そんな理想を描きながら、1stランで先行した古畑さんやVerdyの阿○選手を互いの健闘を祈り言葉を交わしながら
追い抜いていく。
中盤以降、やはり平地を2日/週、60K程度しかトレーニング出来ていないツケはやってくる。
アップダウンでのギアチェンジがいつも上手くいかない。
まあ、TTバイクに乗るのが年2~3回、ロングのレースだけ、というのでは仕方がないか・・。
抜くよりもやや抜かれるほうが多くなる。先のパックからとうに引き離されてしまった。

終盤では練習仲間だったスペシャの○松選手にも抜かれた。
元気に言葉を交わしたものの、着いて行く気力よりもすでにランへの温存に気持ちが移っていた。

最終のラン。
いやでもMelbourneの光景が思い浮かんでくる。
シューズは卸したてのニュートン。去年の宮古も先月のMelbourneも卸したてシューズで臨んでいる。
何の根拠もない、ただ気分を一新してレースに臨みたいと思ったまで。最近のシューズはサイズさえ
間違わなければさしてトラブルはない。

いつもは4'30/Kを目安にペース設定するが、このコンディションで無理は禁物。
余裕を持って刻めるペースは4'40~45/Kくらい。
気温がさほど高くなく、いつもよりクッション性の高いシューズなので筋肉疲労もおそらく心配ないだろう。
あとは補給を序盤からこまめに採ってエネルギー枯渇にならないよう気を付けること。
飲料はコーラは我慢して、水を多めに採る。

折返しからすれ違うトップ選手達。気温の割りに疲労の色濃く。
強風のバイクでの消耗が激しいか?折り返しは30位前後。ここまで10人ほど抜いている。
一定ペースを無理なくとにかくキープする。
沿道の声援、エイドのボランティアの献身的な仕事振りもとにかく有り難い。

終盤女子トップ選手を追い抜くとき、中継車を独占した(?)のがちょっと気持ち良く、最後の最後
もう後一人抜きたかった、と思った選手が大分の著名強豪エイジ選手だったこと。

とにもかくにも思い描いた設定よりも、上手くまとめることが出来て気持ち良くゴールしました!
https://www.youtube.com/watch?v=kHlPQw0luhw
バイク序盤の向い風、登り基調の区間。5'05あたりから私とふるちゃんが登場します。
http://blog-imgs-56.fc2.com/t/e/a/teamtrion/20130429114832a03.jpg

Atsushi
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。