*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちは、隊長こと田中です。

まずは今回のレースレポートに入る前に、私のこれまでの佐渡大会の結果などを振り返ってお伝えしますね。

私の佐渡大会の初出場(Aタイプ)は1994年。当時のリザルトを見たところ、タイムは13時間20分で総合481位、30-34で139位という結果でした。当時は今のようなトレーニングは積めておらず、フルマラソンも単独種目で3時間半ぐらいはかかっていたので、当時としては実力通りの結果であり、初のロングのレース洗礼に「もうロングのレースは自分には無理だー」と思っていました。懐かしいなぁ。

その後しばらくは初出場の苦い思い出(?)もあり、ご縁が無かったのですが、2010年になって16年ぶりに出場したところ、たまたまAタイプで総合3位入ることができてビックリ。初のメジャーレースでの総合入賞だったので嬉しかったー。2011年はBタイプで総合優勝できて更にビックリ。しかし昨年はBタイプ総合9位に沈み「やはり加齢には勝てないのか・・・」と思い少々凹んでいました。

というのが、これまでの私の佐渡大会の全レース結果であります。そして大会運営や島民の皆様の声援が素晴らしいこともあり、今や佐渡大会はアイアンマンハワイに次ぐ大好きな大会となっているので、同時期に開催されるアイアンマンジャパンへの浮気はせずに、例年通り今年も佐渡大会に臨んだのでありました。

さて、それではレースレポート行きますね。


【バイク】・・・2:55:25(5位)
ご存知の通りスイムが中止となり、バイクはレース№順で3名毎に5秒間隔の時差スタートです。レース№はシードの3選手を除き、年齢の若い者順ですので、№3459の私の前には400人以上います。№3001のゴーイチから12分近く遅れてのスタートとなりました。

sado2013 バイクスタート (360x239)
写真は全て佐渡大会のホームページより

まずは両津までの20kmの区間は、道幅が狭い上にスタート直後のため選手は数珠つなぎ状態。絶えず「すみません、右行きマース」と声をかけ選手を避けながら走ります。多少の追い風もあったと思いますが、両津手前でアベレージを見たところ、なんと41.8km/hも出てました。

両津からは先の小佐渡の海岸線では、ところどころで適度なアップダウンがあります。さすがにアベレージは落ちてきましたが、風も無かったので次々と選手をパスしながら快調な走りを維持しています。

非力で軽量な私にとってバイクは苦手種目です。特にハワイなどの海外のレースでは強烈なパワーを有する海外選手に抜かれっぱなし。気持ちもどんどん負のモードに陥ってガックリというレース展開になりがちですが、この日は全く逆で気分はアゲアゲ↑↑。TRIONのバイクの神様のトオルちゃんは、いつもこんな気持ちなのかな?などと考えながら、とても気持ち良く飛ばせました。

85kmあたりの小木の坂では、応援に来てくれた王子とミネちゃんの声援を受けました。「前に何人ぐらいいるの?」と聞いたところ、「30人ぐらい」と教えてもらい、「随分抜かしたのに、まだそんなにー」と思いましたが、大体の位置取りがつかめたので助かりました。

今回のレースでは、ハワイ用の秘密兵器として購入したニューホイール(シマノC50+C75)を初投入したのですが、これがバッチリ決まったようです。単純比較は出来ませんが、バイクラップは優勝した一昨年より12分、昨年より26分も短縮し、どうやら400人ぐらい抜かしたようです。ニューホイールを奮発した甲斐がありました。これでハワイにも自信を持って投入できます。

sado2013 バイク (360x240)


【ラン】・・・1:21:19(6位)
バイクフィニッショ2kmちょい手前ぐらいで、既にランに入っているゴーイチと亀井選手とすれ違いました。ここでゴーイチの連覇を確信するとともに、スタート時差を差し引くと実質3~4分の差かな?と推定。すぐ後ろの井出選手のいい走りや、後続選手との距離などを確認しながらバイクフィニッシュし、ランをスタート。

ランはスイムが無かったことやレース当日の気温は上がらず走りやすいコンデションだったことなどから、他の選手は例年よりランラップを上げているようでした。
私のランラップはバイクで脚を使いすぎたためか、本当の順位が分からなかったためか良くわかりませんが、一昨年より2分遅れ、昨年より45秒早いだけという結果でありました。ここは少し反省点です。

sado2013 ラン (238x360)


【ゴール】・・・4:16:44(総合3位)
ランであまり追い込めなかったせいか、今回はゴール直後に恒例の嘔吐の気配は無く、点滴も全く不要で至って元気でした(苦笑)。

sado2013 ゴール (360x239)


ゴール後、暫く経ってからの速報で総合3位入賞を確認。
ゴーイチとの初のワンツーフィニッシュは実現できなかったけど、もう50歳になったので、これぐらいでご勘弁を。

sado2013 表彰式 (360x240)


今回の宿の浦島は、NASトライアスロンスクールの古塩校長に手配していただきました。
スタートに近くて便利な上に料理も新鮮で超豪華。お刺身舟盛り、岩牡蠣やカニのセイロ蒸し、お寿司、炊き込みご飯・・・などなど食べきれないほどで出てきます。レース当日も朝4時から温かい朝食をちゃんと用意してくれていて大満足。早速来年の仮予約をしました。

__ (360x270)


さてさて、ハワイまで残り4週間となりました。
今回のようなバイクでのアゲアゲモードの走りと、ランでの3時間1桁での走りが実現できれば、目指す結果に近づくとのではないかとワクワクしています。頑張ります!
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。