*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2週間が過ぎてしまいましたが…。
8月31日、Ironman Japan Hokkaidoに参戦してきました。
前週の珠洲大会から中5日。
Ironmanでスロット狙うなら珠洲は止めた方が…と周りには言われましたが、両方出ちゃいました(^◇^;)

簡単にレポートさせていただきます。

Swim:

湖で泳ぐのは生れてはじめてに等しいくらい。 前日の試泳で泳ぎやすさは実感していたので気持ち的に楽でした。
女性は全員最後のwave。スタート直後のバトルはほとんどないに等しかったけど、前には先にスタートした方々が大勢いるわけで、そこを抜けて行くことがちょっとストレスだった。

1:00:54

自分の時計見て私的にはまぁまぁと思ったけど、おそらくみんなはもっと早いだろうな、と思ったらやっぱりそうでした。いつものことながらレースは遅い(^-^;
更衣室でちょっと会話をしてスタート。 Bike乗車位置までたくさんの応援を頂きました^m^

T1 4:41

Bike:

Bikeでは、いつも知り合いが抜いていくときに一声かけてくれます。 嬉しいけど、たくさん抜かれるのは気持ち的につらい(^_^;)
28kmあたりで同じageの恵さんが軽快に抜いていきました。 乗り方を見て、まったく勝てる気はしなかった(^_^;) それでも、視界からは消えないように心がけてみましたが、上りであっという間に姿が見えなくなりました。まだまだ力不足です(>_<)
その後、雨が降ってきて、風も強くなってきて。 ただでさえ今シーズンはbikeでのハプニング続き。
パンクとか転倒は絶対嫌だと思ったらびびりまくりで、思うように乗れない、特に下り坂…。
時計をみてもかなり時間がかかっている。 それでも、抜いて行った女性、数人を抜き返したりしながら、bike終了。
情けないタイムでがっかり(´・_・`)

6:11:39

T2 3:58

Run:

Runはすれ違いのコース。
最初の折り返しでは恵さんの姿は確認できなかった。 かなり間があいてしまっているのだろうな、と思いながら体に任せて走る。 2回目の折り返しに向かう途中でやっとすれ違い、5km位は間が空いていることがわかり、へ垂れなければ少しは近づけるかもと思い、イーブンペースで走るように心がけました。
折り返しで後ろにいる同カテの女性を確認しながら走ったけど、だんだん番号もわからなくなってきて、自分の中では3位の人までの距離が4kmくらいと思っていたので、逃げることで必死だったけど…。 ゴール後のタイム見たら1時間位離れていたみたい(^_^;)

チームメイトや知り合いがスロットを取るために必死に走っている姿を見て、とにかく諦めないように走りましたが、どんどんペースが落ちてしまい、またまた力不足を実感。
それでも雨でとても寒い中、ボランティアや沿道の方々、すれ違いに応援してくれる選手達。
たくさん声援をいただいたので、今の順位だけは守ろうとゴール目指して走りました。

3:57:29
Total 11:18:41
age 2位

初IRONMANよりも遅いし、内容を思い返してもいいところがない気がしましたが、 age2位は確保できたので、あとはスロットの割り振りにかけるしかなく翌日の発表をまちました。 女性は参加者もスロットの数も少ないので殆どあきらめていましたが。
翌日、ominowaysの伊谷さんから 『おめでとうございます』と電話がかかってきて、スロットが2個あったことを知りました。会場に行き、同じくスロットをゲットしたりょーちん、時々一緒に練習している太一君等々…皆で喜びを分かち合いました^m^
りょーちんと
で、ドキドキの手続き…と思ったら指定の用紙に記入しただけで、いまだ何もしていないので、まったく実感がありませんが(^_^;)

で、表彰式♪
表彰式

『Ironman Konaに行きたいんです…』と、bikeに乗ったこともなく、どうしたらKonaにいけるかも知らずにominowaysに足を運んでから4年。
その後、ごーいち君、隊長に声をかけて頂き、『是非入れてください!!』とTRIONに入ってから1年9か月。 過去3年でKonaスロットのかかっているレースには70.3が3回、Longが2回。 今回6回目の挑戦でやっと資格を得ることができました。4年という期間が短いのか長いのかわかりませんが…。

失敗続きだった6月。
Japanで取れなかったら私のレベルではKonaへの切符はこの先も得られないと思っていたので、このレースでダメだったらチームを止めようかなって何度も思ってきました。 親しい人に愚痴って弱音をはくたびに喝を入れられておりましたが(^^;;
話を聞いてくれた皆さん、本当にすみません

でも内容が本当に悪かったので、正直これで取れてよかったのか…という気持ちが強いです。同ageの強い人がたまたま他にいなかっただけで、運が良かったのと。
足手まといなのにいつも一緒に練習してくれて応援してくれるチームメイト、影で応援してくれるominowaysの皆さんのおかげで取れた権利だと思っています。本当にありがとうございました
やっとKonaのスタートラインに立てる日が決まりました( ´ ▽ ` )ノ

初めてのIronman WCまであと1年と1か月。今度こそ満足の行くレースをするために、しっかり練習をつんでいこうと思いますので、これからも宜しくお願いします(*^^*)

その前に、まずは疲れをとって…。

今年のKonaはTRIONからも、その他トライアスロン仲間も多数参戦するので、応援に行く予定です。
参戦のみなさんを応援し、自分も刺激をもらいたいと思っていますので頑張ってください!(^^)!

そして、これから1年間のレースでたくさんのチームメイトや仲間たちが来年のスロットを得て一緒にスタートラインに立てるよう、しっかり応援していきたいと思います。


Kaoru

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。