*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちは、隊長こと田中です。
いよいよレーススタートまで15時間ほどとなりました。

今回はTRIONからは6人が出場。記念すべきハワイ10回目の御大、安定感抜群の隆ちゃん、ショートからロングまで万能のゴーイチ、ランのスーパースペシャリストのりゅーたくん、スイムの実力に加えバイク&ランも成長著しいりょーちん、といった頼もしい仲間と共にTRIONチーム戦で挑みます!

巷では鋭い予想屋清悟さんのブッキングにより、日本人上位を当てる馬券も発売されているとか(笑)
それならば、、、ということでTRION6人衆のレース展開の予想を私の目線でやってみました。


まずはスイム。ここはりょーちんに50分台前半の日本人トップタイムを期待したい。初KONAのプレッシャー克服し、上手く流れに乗って欲しいところ。
続くゴーイチも1時間を切るタイムでスイムアップ。最近スイムが復調し最新のスイムスーツを現地調達した御大と隆ちゃん、私のアラフィフ組は1時間0分台後半でほぼ同時にスイムアップ。
T1では隆ちゃんが慣例に従いトイレに駆け込む隙に、バイクスタートは私が先行。

バイク序盤は緩やかな追い風の中、ハイスピードで飛ばすものの、それを上回る外人選手に次から次へとパスされる。ドラフティングにならぬよう抜かされる度に脚を止める悲しい展開に。
バイク60地点あたりで、バイクの実力が一枚も二枚も上手の隆ちゃんが追いついてくる。私としては80km過ぎからの登り且つ強風区間と120km以降のヘタってくる区間をニューホイールの力も借りて上手く乗り切ることがポイントか。
その頃、ゴーイチとりょーちんは前の方でバトルを繰り広げている。

ランに入るとアリードライブの最初の折り返しの手前で、ゴーイチ、りょーちん、隆ちゃんとすれ違う。ハイタッチを交わしタイム差を確認。
ラン5km地点でりゅーたくんが登場。さあここからがリスタートと気合いを入れ、鬼引きのりゅーたくんと少しでも長く並走したいところ。自分勝手なイメージでは、1989年のマーク・アレンとデイブ・スコットの伝説の並走を再現し、バイクで抜かされた外人選手のゴボウ抜きを狙っている。
ラン20km地点で隆ちゃんに追いつくと、レース巧者の隆ちゃんもペースアップ。三つ巴の走りに。
そして35km過ぎに何とゴーイチ、りょーちんにも追いつく。そしてゴールまでは5人でTRION名物の千切り合いの展開へ。もう何が何だかわかりません!おっと一人足りないか、、、


日本人トップもしくは総合100位以内を演じようかという、ゴーイチとりょーちんには少し失礼な予想ではあるが、仲間の存在を意識し、励まし合いながら、こんな展開が出来たなら、とても楽しいレースになるのではないかと妄想しました。

そして、日本からわざわざ応援に駆けつけてくれたkaoruさん、真里さん、ゴーイチ&りゅーたファミリーを交え、チーム一丸となってレースに挑みたいと思います!

さてさて私自身の目標は、、、表彰台を目指して全力で走ります!!

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。