*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

TRIONネイビー組(別名:白井派)・川島隆です。
田中隊長よりブログアップを命じられ、光栄です!

これまで、川島・田村は「TRIONの鬼練って、凄いらしいねえ、行ってみたいな。でも遠いし・・・」と、うまく鬼練から逃げてました。しかし、あろうことか、隊長・江夏夫婦に本拠地・筑波に乗り込まれ、「たまには来い!」とお叱りを受け、行かざるを得なくなりました。

 いよいよ当日。3:30に起床(まるでレースの朝)、田村車で矢野口駐車場に向かうと、御大との待ち合わせ1時間前の5時過ぎに駐車場に到着してしまった。「あ・・結構近いんだね、ハ、ハハ・・・」なんて3人で苦笑いしながら二度寝に近いゆったり感。外は、早朝からサイクリストが何人も通り過ぎる。この周辺はBIKEのメッカか?そういえばベルディーの本拠地だ。

 そうこうしていると、隣に静かに車が止まり、CEEPO VIPERを取り出す。出た!大畑鬼。続いて、ひげを生やした御大鬼到着。そして江夏鬼sが「先行きます!」と通過していく。慌ててバタバタ準備をし、御大先導で江夏鬼sを追跡。せっかく早く着いたのに何してたんだ、俺達。
 尾根幹(でいい?)のROLLING HILLを最初からかなりのペースで走り、車の多い狭い道を進んでいく。ふと信号待ちで後ろを見ると、ゲゲ!鬼が二匹増殖してるではないか!!洋平鬼と王子鬼のyoung鬼s。途中から御大鬼に「先頭行ってもいいんだぞ」と遠回しに強制され、スゴスゴと先頭を引かさせれる王子鬼。自分の若い頃を思い出し、同情、いやいや懐かしかった。

 そして集会の待ち合わせ場所=牧野ヤマザキへ。どこから沸いてきたのか、わんさか鬼が集結。みなニコニコしてるが、これから始まる戦闘に緊張感がありあり。カメラマンとして参加という、ランボーさんだけはリラックスした雰囲気が感じられたが、走ってみると・・・中身は同じ色の血が流れるreal鬼だった!そんな中、ネイビー組主将の白井鬼は朝から「東京スカイツリーアイス」をしゃぶりながら、大声でトーク炸裂。まさか朝から飲酒運転?美しい橋で集団走行写真を撮影(byランボーさん)したら、いよいよ戦闘開始!
橋通過

今日はタラタラいけば良いかと軽く考えていたが、気付くと、ゴーイチ鬼率いる鬼集団に巻き込まれる。「みんな一度は先頭引いてね~」と優しく檄を飛ばしているが・・・無理っしょ。暫くダラダラ上りを高速クルージング。「まあ行けるとこまで行くか。しかし、最初から攻めるなあ・・」と思っていると、ボトルが落下。ラッキー!、いやいや残念ながら集団から脱落。少し戻ってボトルを拾い、マイペースで前を追っかけていく。途中で停車していた田中鬼と一緒になり、ランボー鬼と合流。噂の山伏峠に差し掛かったところで、停車してのサドル調整後ゴリゴリ追い上げてきた櫻井鬼が先頭に立ち、自分はあえなく千切れてしまった。トホホ・・・。
 
何とか頂上のトンネルまで辿りつくと、ボトルは空っぽ。先にコンビニまで下って行くと、眼前に見事な富士山が現れた!醜い、いやいや逞しい鬼達の顔も忘れてリフレッシュタイム。そして山中湖畔を高速周回し、今日のメインイベント=撮影会。富士山が見えてほんとに良かった。
富士山


 コンビニで昼食休憩後は、ロングダウンヒル合戦を展開し、牧野ヤマザキで再集結。白井鬼は、本日2本目の「スカイツリーアイス」を食し、ファイティングポーズ!ここで一旦、解散となった。
ゴリエ


しか~し、これで終わるわけがない。バイク終了後は井の頭公園のトラックで、走る走る。まさかインターバルまでやるなんて・・・。そしてランシーン撮影も無事終了。白井鬼が、「昨日買った手羽先を炊かなきゃ」を10回位唱えたところで、フィナーレ。家を出て14時間。アイアンマン並の鬼集会は終わった。
ラン


<編集後記>
白井鬼の登場回数が多いぞ。ネイビー組だから?名前が一緒だから?・・ひょっとして俺、チャライオンなのか?
スポンサーサイト


【どうも!】
TRIONのみなさん、どうも!
この度は、カメラマンとして練習会に参加させていただき、どうもありがとうございました!
写真がうまく撮れてたかどうか心配でしたが、どうやら大丈夫そうですね(笑)
【】
ランボーさん、写真バッチリっす。
走りも激アツっす。
是非また一緒に走りましょう。
Team ARIの皆さんと合同練習会なんかも企画したいな~。
この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -