*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


堕落した生活を送っているこめだです。

あっちゃんがエイジ1位でHawaiiの権利を獲ったし、ぶっちも見事に表彰台に乗ったし、めでたしめでたしなIM JAPAN。
2人ともブログを書いたので、このままバックれちゃうんだぜ!と企んでいたが、隊長から「意気込んだんだから、
レースレポもよろしくね♪」との厳命。
そんなわけで1か月も過ぎましたが、記憶の欠片を集めてざっくり記します。

●スイム(3.8km)
第1ウェーブでスタート。泳力に見合わず最前列に並んだため、第1ブイまでひたすら抜かれる展開。
ようやく心拍もバトルも収まった頃には、どうやら遅い集団に入り込んだようだった。
慌ててヘッドアップして確認するも便乗したかった集団(3人?)は、はるか前方を泳いでいる。
1周目の第2ブイ手前から単独で追うも、結局スイムアップまで追いつけなかった。

Swim 01:02:40
Overall Rank 57

●T1 00:04:20
陸に上がって隣をみると、太一くん!予定ではスイムで数分の差をつけるつもりが少し負けたみたい。
(ノンドラで)同じパックで行きたい旨を伝え、バイクコースへ。

●バイク(180km)
湖畔をぐるっと25km、このとき既に不調を感じた。呼吸を落ち着かせようとするも、叶わなかった。
対照的に太一くんは調子が良いようで、こちらを気にしつつも行ってしまった。
この1年は特にバイクに注力してきた。TTバイクも投入し、練習会を通じて手ごたえを感じていた。
それだけに他の選手と同じ速度で走っているのが悔しくてならなかった。
60km地点程でぶっちに、70km地点でりゅーたさんに抜かされた。
サングラス越しに目が開いているのか不明だったが、「をい、よねだ!たらたら走ってんじゃねー(笑)!」と檄を飛ばしていった姿に鬼気迫る闘志を感じた。
この頃から補給食を受け付けなくなり、DHポジションもまともにとれなくなった。
”どこかで必ず復活する”と信じていたが、結局このままたらたら走りを続けてしまった。

Bike 05:53:45
Overall Rank 84

●T2 00:01:49
手元の時計で約7時間経過・・
”こんなはずじゃない”、息つく間もなくランスタート。

●ラン(42.2km)
バイク中盤から殆ど補給できていなかったにも関わらず、全開で飛ばした。
目指すは3時間一桁、それくらい出さないとHawaiiは転がってこない。
14km地点くらいまではそれなりに走れたが、補給ミスは顕著に表れ、万事休す。
こみ上げる感情、いや、吐き気。地面にうつる姿と放物線を見ながら、”あぁマーライオンみたいだな”、なんてくだらないことを考えた。
シライオンさんがでかい声で叫んでくれたが、それも応援する声から心配するトーンに変わる。情けない姿だった。
そのまま魅せ場もなく、とぼとぼとゴール。

Bike 03:38:42
Overall Rank 72

【総括】
去年以上に練習量を増やしたことで、それなりの順位でゴールできると勘違いしていた。
練習中に「手ぇ、抜くなよ!」と言われ続けてきた通り、練習中に出来ないことは本番でも出来る訳がない。
大失敗の原因はもう特定できて、先週の練習会から意識して修正するように心がけている。
今回のようなしょぼい成績では納得がいかないし、少々自信を失っている。
現時点で"やる気充電中"のため緩~い運動しかしていないが、やるからには中途半端な結果は求めていない。
来季こそ、楽しみつつも観るものを魅了するレースをしたいと思う。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。