*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タナカです。

今回で9回目の出場となったIMハワイ。昨年は33秒差で表彰台を逃した悔しさもあり、今年こそは、、、との思いで準備を整えTRIONのチームメイト4名と共にレースに臨みました。


スタート前。みんなワクワク感でいっぱいです。
スカイダイバーの急降下といつものアメリカ国歌斉唱にシビレました。


【スイム】

スタート位置は中央から少し右寄り。一足早くりょーちんが最前列でスタンバッていました。私はその右後ろの2列目あたりから。りょーちんは当然のことながらスタート直後に見えなくなりました。

毎度、自分の泳力を顧みず前方からスタートするものの、スタート後、直ちにバトルに巻き込まれます。ドラフティングスイムも下手なので、その後は暫く抜かれっぱなし。いつも通り展開です。

折り返し地点からは選手もバラけてくるので、周りの選手と同じぐらいのペースを何とか維持。まあまあのタイムかと思っていのに、時計を見ると1時間7分。がーん。これってIMワーストタイムかも。

実は今回ROKAのスイムスーツをEXPOで新調。これまでのblue seventyがダメになった訳じゃないけど、昨年、御大がROKAを新調して好タイムだったので、それに肖ろうと$249も奮発したのでした。しかしその効果は??、、、などと思いながらT1へ。

スイム1:07:28 総合709位、エイジ37位




【バイク】

5kあたりの最初の折り返しの後、隆ちゃん、タムリンとのすれ違いを確認。
苦手なバイクだが、悔いのないよう序盤から頑張ったので、周りの選手に抜かされるより抜かす方が少し多いペースに。
クイーンKに出てしばらくは風の影響を感じませんでしたが、40~50kあたりからじわっと感じるように。昨年はカワイハエのT字路までアベレージ40kだったのを覚えていましたが、今年は37k後半ぐらいだったかと。

ハヴィまでの登り区間では、時折強い横風も。私が出場した中で最強ではありませんが、久しぶりにコナらしい風にやられ、抜かされ基調にスローダウン。折り返しの後、清悟さんが隆ちゃん、タムリンより前に出て迫ってきているのを確認。その後はいつ清悟さんに追いつかれるかと思いヒヤヒヤと。

90k過ぎのハヴィで絵美ちゃん、120kのT字路で大西さん、オミノさん、伊谷さん、ブッチ、kaoruさんお友達などの声援を受け、元気が出ました。


Photo by オミノ伊谷さん。
毎年このポイントで撮ってくれています。

140kあたりでいつの間にか追い風に。平地なのに軽く55kぐらい出ていました。「このまま行けばゴールまで1時間かからないじゃないの」と他の選手も思ったでしょうね(笑)。しかし、そんなに甘くはなく、直ぐに追い風は無くなってしまいました。

バイク5:22:39 総合620位、エイジ18位


【ラン】

最初の5kのラップは21:37。キロ4:20ぐらいなので3時間10分を切るためには何とかこのペースを維持したいところ。

アリードライブの折り返しでは、前を走るりょーちんと4分差ぐらい。すぐ後ろには清悟さん。バイクでは何とか逃げ切ったが、しっかり順位上げてきていることを確認。5-10kのラップは22:28、10-15kは22:44だった。

クイーンKに出た後の15kあたりで「たいちょ~ぅ~」と叫ぶ声が。誰かと思って周りを見渡すと反対車線でバイクフィニッシュに向かうkaoruさんが大きく手を振っていた。良く気がついたなぁ。

その後、15-20kは23:43、20-25kは23:01、25-30kは22:57ぐらい。
ナチュラルエナジーラボの折り返しの後、清悟さんから「行ける、行ける!」と励まされる。同じエイジで何人前にいるかレースナンバーで確認しようとしたが、さっぱり分からない。自分の精神力が試される我慢の走りに。

りょーちんには34kあたりで追い付いた。ここから並走してゴールまで行ければと思っていたが、りょーちんに「行けーー!」と叫ばれそのまま前に押し出された格好に。30-35kは22:58。


Photo by メイストーム大西さん。
でっかいカメラでたくさん連写していただきました。


しかし、自分もここまででいっぱいいっぱい。
35kで突然こみ上げてくるものがあり、少し我慢したが、我慢しきれず走りながら3回嘔吐。決して足は止めなかったがペースはダウン。

その直後のエイドで、ジェルを取るかスポーツドリンクを取るか迷ったが、気持ち悪くて水を少し口に含んだだけに。レース後振り返るとこのエイドでの判断が今回のレースのポイントだったのではないかと思った。レースにたらればは無いが、気持ちが悪くてもここでジェルを取っておくべきだったと思う。

ラストの7kは本当にキツかったが、最後はガッツポーズでゴール。
ラン 3:14:24
合計 9:50:57


201410251752533b4.jpg


気になる順位ですが、、、総合は303位で昨年の305位とほぼ同じ。
そして50-54エイジでは7位(涙)。5位の選手とは1分28秒差(大涙)。
あー、またしても目指していた表彰台に届きませんでした。。。
表彰台までのタイムは近いようでも、自分にはまだまだ手の届かない存在のようです。


今回は隆ちゃん、タムリン夫妻と同じコンドミニアムに。ユキエちゃんには昨年のケアンズに引き続き、食事や洗濯など何から何までサポートしてもらった。ありがとう。それでいて毎日20-30k走っている。おそるべし。
またメイストーム大西さんにはレース直前に壊してしまったハンドル周りの特殊部品を素人には手の出せない裏ルートで手に入れてもらい、何とか復活してレースに間に合わせてもらった。大感謝です。

レース終了直後に、「あー、これが自分の限界か。。。」「もうやめようか。。。」と嘆いていたら、竹谷さんから「やめて何するんですかー?」と聞かれた。
悲しいことに、確かにやめてもやることが無い。
フルちゃんが「限界は考えられない」と言っていたことも思い出し、直ぐに前言を撤回し、また来年の10月第2土曜日に向けて楽しく苦しい日々をおくることにいたしました。

おしまい。

20141025175308cd5.jpg

photo by kaoruさん応援団の杉浦さん。
アワードパーティーにて。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。