*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

どーも一応管理人ヤマゲンです。

先日、TRION的合宿が行われました。
私はヒルクライムがすっかり苦手となり今週廃人となっています。

今回もゲストの方にご参加いただいたので、ゲストレポート第一弾!
Team YのレジェンドRIKIさんです。


---------------------------
TRIONの合宿に初めて参加させていただきました。参加を決める前は、TRIONの練習はかなりハードなので少し躊躇しておりましたが、実際参加してみて完全燃焼が出来るようなハードなトレーニングがこなせ、参加して良かったと思います。まずこの合宿の完璧なアレンジと、自分を招待してくれたMON君に、感謝です。そしてバイク練を、高い強度を保ちながらも、安全なライドかつきっちりと道をナビゲートしてくれたキャプテン各務さん、星さん、有難うございます。

初日は雨という悪天候でしたが、午前中は内容満載のコアトレーニング。日ごろ、自分で独自にコアトレーニングを実施しているものの、目からうろこの専門的はアドバイスを受け、すごくためになりました。谷本さん、有難うございます。ただし唯一反省すべきは、スクワット姿勢でのウォークが、おじいさんのよちよち歩きの歩きになり、皆さんの爆笑をかったこと。普段クールなイメージで通している自分としては、キャラの転換を迫られるほどの失策でした。次回までに練習しておきます。午後のスイムは、キック500M から始まり、腕立てやコアトレーニングを組み入れたメニュー。これも短時間の中、かつ狭いレーンでありながら、工夫をこらして適度な強度のあるいいトレーニングであったと思います。そして仕上げは、約15Kのラン。自分はキロ5分の一定ペースで走りましたが、ハイピッチで走る星さん、田中さんの切れのあるラン姿は凄くいい刺激になりました。

二日目は、合宿のメインメニューのバイクライド。当初は、安全にBチームでいくか、TRIONならではのきつめのメニューをこなすためにAチームで行くか悩んだものの、スタート前の土壇場でAチーム入りを決めました。日ごろのバイク練習は、単独ライドで心拍を140以下に抑えてのトレーニングが大半なので、どこまでハイペースでのライドについていけるか不安はありました。しかしながら、ライドをしてみると、ドラフティング効果にも助けられ、平地での時速40K前後のライドにも無理なくついていけました。そのうちに、いつまでも先頭を引く皆さんに負担をかけては申し訳ないと思い、ドラフティングで充電がなされた後は、自分でも先頭をときどき引く努力をしたつもりです。そうした中、心拍は時折150から160まで上がりましたが、このような高い心拍ゾーンまで自分を追い込んで練習が出来たのは、Aチームのメンバーの皆様のお陰だと思います。但し、同時にTRIONに詐欺集団が多いのも、今回改めで確認しました。よくFacebookで「今回は暴走しない房総でのバイクトレーニング」という勧誘に騙されたという投稿を読んでおりましたが、今回の詐欺の手口はかなり巧妙なものでした。例えば、鹿野山のヒルクライムの前には星さんの「あ~っ、辛い!」といううめき声や、各務さんの「いや~もう今日は駄目だ!」という声を何度も聞きましたが、ヒルクライムが始まると、先ほどのうめき声はすっかり陰をひそめ二人とも戦闘モードで軽々と登っていくではありませんか。二人の本心から発していないうめき声にすっかり騙されました。今度の合宿の際には、「こんな悪質な詐欺には気を付けましょう」というレクチャーを、特に免疫のないゲスト参加者にはきちっと実施してあげるといいですね。

冗談はさておき、本当に合宿では皆様にお世話になり有難うございました。TRIONのトレーニングのレベルの高さを久しぶりに目の当たりにし、いい刺激になりました。今後宮古でレースされる方、頑張ってください。健闘をお祈りします。

RIKIこと石田

--------------------------
RIKIさんありがとうございます!



スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -