*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月に続き、ヨシオ行きます!

前週「バ○じゃないの?」とも言われながらも、厚木基地で行われたスプリントトライアスロンを優勝で飾り、気持ちよく気合が入り、挑んだIRONMAN Cairns。
さぁ行ってみよう!
IMG_0144.jpg


《スイム》・・・新島でも威力を発揮した『メイストーム・ウェットスーツ』を導入!
ただしウェットスーツ無しの可能性もあったため、克哉さんからスイムスーツをお借りしておく。
IMG_0231.jpg


当日朝、前日見た美しいPalm Coveのビーチは、予報通りの荒波。代わりにウェットスーツ着用はOK♪
スイムが半分に減った2013年のMelborneほどではないにしても、スイムを苦手にする選手を翻弄するには十分な波とうねり。
スタート地点には、そんな波は関係なさそうな今村くん、源ちゃん、青キティ、みほちゃん、ゆりちゃん、そしてチームメイトのちのちゃんと豪華な海の生物達が揃う。
IMG_0241_Fotor.jpg


2人ずつローリングスタートすると、最初のブイまではかなりの向かい波。
潜って波を避ける作戦はうまくいき、先に出た選手をボチボチ抜いて行っているはずなんだけど、波に揺られるたびに前後しているだけのようにも見える…
そのうち、右呼吸のたびに首に何かが刺さって痛いので、ローリングを大きめにして呼吸。
こういう時に、左呼吸ができると楽なんだろうか・・・
2周目に入ると、後ろから泳ぎ出した選手に追いつきだす。
平泳ぎには蹴られ、蛇行スイマーには乗られ、「くぉらぁ〜〜〜」と怒鳴りたくなるのを抑え、なんとかスイムアップ!
横浜でヒデちゃんが見せた荒技、シャワーで脱いだウェットスーツを小脇に抱えて猛ダッシュ!
トランジションバッグをつかみ、更衣室へ飛び込む。
130_3rd-87689-DIGITAL_HIGHRES-1304_018842-1619488.jpg


《バイク》・・・駆け込み大手術でC75装着完了!メイストーム斉木くんありがとう!

濡れて芝がくっついた足の裏をよく拭いてシューズを履き、ヘルメットをかぶり、ゼッケンベルトを締めてさぁ出発!
おっと、Mag-on Water(ゆずフレーバー)を用意していたんだっけ!
落ちたジェル拾ってくれたボランティアのおじさん、ありがとう!

説明会でも言っていたスタートしてすぐの折り返しは、見事にオーバーラン(^_^;)
気を取り直し、交換したばかりのROTORを踏み込む!(5mmの違いはまだわからない)
不得手なバイクは飛ばさないと誓ったのにもかかわらず、後ろから近づいてきているであろう沢山のライバル達に追いつかれないようにと自然にスピードが上がる。
どうやら追い風区間だったらしく、時々降る雨にもかかわらず、Ave. 34Kmオーバー(笑)
レース前に車で試走したRex Lookoutの激坂も思ったほどきつくなく、あっという間にPort Douglasの折り返し。
老眼は遠くは見えるはずなのに、あまりすれ違うライバルが見つからない。
2周目に入ると、路肩にタイヤを持って呆然とする選手が目立ち始める。路面が荒れてるせいでパンクが多いのか?
ごめんね、予備タイヤ1本しか無いねん…
外国人選手からは、「do you have an ESPRESSO?」と聞かれる。
おいおい、俺たちはレース中だぜ!なんでのんびりエスプレッソなんか…?
エスプレッソって、もしかしてこれ?
http://www.hi-ridge.com/#!エスプレッソ75mlパンク修理剤/c6av/55236f360cf21e26badb9027
そして鬼門の100Km超え!
103Kmの折り返しで、竹谷さんが神風の様に内側から抜いて行ったのには、「すげぇ〜」と笑うしかなかった(笑)
137_3rd-87689-DIGITAL_HIGHRES-1304_038753-1619495.jpg

ここまでで、『Mag-onエナージジェル・アップルフレーバー』(120Kcal)を8本と、『梅フレーバー』(120Kcal)5本を水に溶かしたボトルは飲みきった。残るはトップチューブに取り付けた『井村屋 スポーツようかんプラス(171Kcal)』5本と定番『S&B 梅肉』2本、スペシャルニーズに預けた『黒棒 名門』5本とピーナッツバターコッペパン1個。
今回初導入の『黒棒』は、5.5本で351Kcalとのことなので、エネルギー補給というよりもおやつ♪
今回体調不良にパフォーマンスが左右された強豪が多いなか、奇跡的に補給がうまく行った。
強いて言えば、黒棒は事前に個別包装から出しておくべきだし、海外のコッペパンは固くてレース中は食えない。。。

レースに戻り、Port Douglasからの帰り道は向かい風で本当にきつかった。
吹いていないように感じるのに、全然前に進まない。
これまでほとんど日本人選手には抜かれて(気づいて)いないのに、ラスト30Kmほどで、青キティ、石田さん、御大、川島さんと次々にパスされる。
抜かれ際にゲキを飛ばされるが、ま〜たく力なんか入らないし、付いていけない。
青キティなんかは、同カテでスロット獲得がかかっているにもかかわらず、「無理!」
試走の時40Kmで走れた平坦な道なのに、30Kmにも満たない・・・
首は痛いし、腰も痛い。股間にいたっては、サドルに座る位置を直してみたり、トライスーツのたるみを引っ張ったりしても一向に痛いのがなくならない。。。
IMG_0276.jpg
Photo by 丸まま

《ラン》・・・超お気に入りの『on cloud』で行くぜ!

やっとバイク降りられる!と思ってバイクを降りた瞬間、腰が砕けた・・・(涙)
バイクをボランティアに預け、トランジションバッグを取ると、別のおじさんがバッグを逆さにして中身を全部出してくれる。
その足元には『on』!「Nice Shoes!」とか話しながら、もう一度足の裏を拭く、指の間もちゃんと拭く(これが大事!)

2014年の宮古島、体力温存でバイクを終え、前を行く歴代50位前後の選手を狙ってスタートしたが、足裏のふやけで巨大な豆ができた教訓から、足裏は大事にしなくては!
参考<http://teamtrion.blog.fc2.com/blog-entry-258.html>

よし行くぞと走りだしたが、ふっと思い出し、トイレに駆け込む。
「うわっ!」
どうやらバイク乗っている間に擦れて、股間が流血騒ぎになっていたらしい(涙)
治療している暇はないので、ちょっと戻ってワセリン?と思わしき半透明のジェルを塗って走りだす。

腰には違和感があるけど、脚は重くないし、エネルギー枯渇感もない♪
最初の数キロは元気すぎ、キロ4分そこそこで走り、沿道のSAMさんの声援に応えて『欽ちゃん走り』(笑)
IMG_0263.jpg
Photo by SAM

前を追いたい気持ちを抑えキロ4分40分くらいで走るように努める。
前半はコース内ですれ違うヨネ、川島さんやセイゴさん、今回応援団のブッチのこっちが恥ずかしくなるくらいの、「いいよ〜よしおさ〜ん!」に励まされどんどん進む!
同じ競技に出ているはずのちのちゃんにも「よしおさ〜ん、今日は走れてますね〜」と笑顔で応援される始末(苦笑)
そうこうすると今度はバイクでかっ飛んでいった青キティが歩いてる。だいぶ辛そう。
「歩いちゃだめだ!」と隊長譲りの掛け声をかける。

2周目に入る一番賑やかなところを走っていると、
「田原さん!」
聞き覚えのある声に振り返ると、沿道にはそこにいるはずのないリュータが。
「なんでそこにいるんだよ〜あんなに頑張ってたのに〜」と半べそになりながら、「リュータの分も走らなくちゃ」とまたまたペースが上がる。
最南端のところで、苦戦している源ちゃんに追いつき、一言二言交わす。
「そうだ、俺は調子がいい!」と自分に言い聞かせ、ちょっとオーバーペース気味のペースで走る。
150_3rd-87689-DIGITAL_HIGHRES-1304_054845-1619508.jpg

ここまで、エイドステーションでもらうのは、水と氷だけ。
この日のために、1週間コーヒーを断ち、カフェイン抜きをしていたからね。
そして満を持して、3周目にして初めてエイドステーションでコーラとバナナをもらう。
が、タイミングが遅すぎたのか、はたまたカフェイン断ちは都市伝説なのか、30Km以降はエイドステーションで過ごす時間が増え、最北端の38Km地点ではとうとう「2分だけ歩こう」と・・・
それが良かったのか、その後は少し復活!
ローリングスタートのため、自分の順位は全くわからないが、ふくらはぎにエイジカテゴリーを示す『M』だけは最後の力を振り絞り抜いていく。
そして最後の1Km、花道は全速力で、フィニッシュ!
169_3rd-87689-DIGITAL_HIGHRES-1304_096414-1619527_Fotor.jpg

RACE SUMMARY
Swim: 59:56
Bike 5:37:48
Run 3:21:45
Overall 10:08:42

http://ap.ironman.com/triathlon/coverage/athlete-tracker.aspx?race=cairns&y=2016#axzz4Bv0B3f1S


《ロールダウンセレモニー》
竹谷さんが呼ばれ、日本人2位のアライさんはすでにスロットを取られているということで、3番目に名前を呼ばれた!
自分の喜びよりも後ろに座っていたブッチの雄叫びが凄くて、ビビったぜ(笑)
IRONMAN歴4年。
ロングが苦手だったり、バイクが苦手だったりとKONA獲得にはすごく高い壁があったが、今回は体調、コンディション、補給と全てがうまくいったり、強豪の体調不良が重なったり。
家族、一緒に練習したチームメイト、バイクメンテをしてくれたメイストームのみなさま、ケアをしてくださった先生、本当にありがとうございました。
10月の初World Championshipに向けて、引き続き宜しくお願いいたします。
IMG_0322.jpg
Photo by ブッチ

《反省》
トランジションT1に5:02、T2に4:11かけてしまった。ちゃんとタオルで足裏を拭いたところまではよかったのだが、この数分が命取りになる可能性あるしね・・・


《番外編》・・・今回はアドリブでご飯を作ってみた。よく考えたら、これが原因で選手たちが不調になっていたら・・・(^_^;)
IMG_0315.jpg
IMG_0258.jpg
IMG_0210.jpg

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。