*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちは、隊長です。久しぶりの投稿となります。
みなさんオフシーズンを堪能されてますかー?(笑)

えー、今日は報告がありまして、、、

アイアンマン・トライクラブ・ランキングという制度があるのですが、なんとそこでTeam TRIONが2016年のアジア太平洋地区のチャンピオンになったのでありました!

こちらが、ランキング1位の紹介サイト。

トライクラブ・ランキングって何なのよ??という方も多いと思いますので、簡単に説明しますと、、、

世界中で行われているアイアンマンとアイアンマン70.3のレースを完走するとエイジ毎の順位とタイム差(?)に応じて個人ポイントが付与されるエイジ・グループ・ランキングという制度があることはご存知でしょうか?
年間ポイントの上位に入るとゴールド、シルバー、ブロンズの称号がもらえるやつです。

で、トライクラブ・ランキングの方は、その個人ポイントを所属するクラブ毎に集計して、年間の合計ポイントを競う仕組みになっているのでありました。

2012年か頃から始まった制度で、たくさんのレースに出れば出るほど上位に入っていけるという、WTCの思惑(商売?)に乗っからされた制度なのですが、まだまだ日本では浸透されてないですよね。。。

そして、トライクラブ・ランキングの中にはディビジョンⅠ〜Ⅴの5つの区分がありまして、クラブの人数に応じて最大のディビジョンⅠは300名以上、最小のディビジョンⅤは25名以下となっており、Team TRIONはディビジョンⅤにあたります。

2016年アジア太平洋地区のディビジョンⅤのランキングの詳細はこちら。(PCからでないとアクセスできないようですが。。。)

2016年はKONAに7名出場したこともあって、強豪のオーストラリア勢からなんとか逃げきってアジア太平洋地区では1位となりましたが、世界ランキングでは15位。北米やヨーロッパでのレースが多いこともありますが、まだまだ上には上がたくさんいるのでありましたー。

また、アジア太平洋地区で他のディビジョンⅠ〜Ⅳの1位は全てオーストラリアのクラブでしたが、それらのクラブのホームページを見てみると、日本で例えるとケンズさんやサニーフィッシュさんのように組織としてしっかり運営されているところばかり。多くのメンバーさんが熱心に活動されているようで、仲間内の貧弱クラブは我々だけでしたー(^_^;)。

こちらがランキング1位のご褒美のチャンピオンバッジ。
事務局の方のメッセージによると、「クラブのホームページなどで自由に使っていいよ」とのこと。
2017TriclubAward_Oceania_ALL_editable_D5_1st.png


こちらは色違い。
2017TriclubAward_Oceania_ALL_editable_D5_1st_rev.png


まあ、ランキング1位のご褒美はこれぐらいしかありませんでしたが。(笑)

ではまた。。。


スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。