*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012 ひわさうみがめトライアスロン レースレポート

スイム
第1ウェーブでのスタート。周りには日本食研のエリート達、2011年エイジチャンピオン倉内選手、2009年エイジチャンピオンで去年のひわさ優勝の中井選手らそうそうたるメンバーが1列目に並んでいる。自分はその後ろ2列目からのスタートにした。直近のスイム練で100m×50本の鬼メニューを何度かこなし、泳ぎの感覚は良くなっていた。400mほど行ってバトルから抜け出す。丁度同じようなスピードの選手がいたので一緒に泳ぐ。行って来いの1500m。なかなかいい感じで終了。
Swim 21:59 rank 13。
レザルトを見ると、エリートの4人は皆19分台前半。やっぱ全然違うな~。根本的に何かが違うとしか思えない。


バイク
バイクスタートから2㎞ぐらいは市街地、その後山道のようなくねくね道に入っていく。そしてひわさの特徴はなんといってもこのバイクコース。アップダウンがハンパない。10%の上りが途中2回もでてくるし、基本上りか下りのワインディングロード。このコースでは、さすがにTTよりロードバイクの方がよかったかも。
で、上りに入ったところで倉内選手をパス。今まで彼とは一昨年の渡良瀬、先日のセントレアと一緒に走ったが、一度も先行することがなかったのでちょっとこの展開は意外。その後も何人かの選手を10㎞付近までにパスしてしまうと前を行く選手が見えない時間が続く。ここで前はエリートの4人だろうと直感。ひたすら前を追う。バイクも行って来いのコースなので、折り返しで先頭からの4人を確認。ヴェルディの井上選手とはそんなに離れていないことが分かった。しかーし、折り返し後は追っても追っても前は見えず。30㎞以降の下りは思いっきり飛ばせる。コースアウトには気を付けながら、ビューっと。残り4㎞ぐらいでまた脚が攣りはじめる。なんだかなー、最近。こんなこと昔はなかったのに。結局そのままの順位でバイクフィニッシュ。
Bike 1:11:23 rank 6 split 1:33:23 rank 5。


ラン
さーて、課題のラン。足首の痛みをだましだまし練習している為、走り込みが全くできていないが、今回はどうなる??
ランスタートして直ぐに洗面器を持った小学生が待機。おうよ、暑くなってきたし、おじさんに水を掛けておくれと手振りでアピール。するとその小学生、洗面器が重たかったのか、全部足元にバシャー。。ヲイヲイ、いきなりランシューズびしょ濡れの罰ゲームかYo!!!
そんなこんなのネタも織り込みつつ、入りはそれなりに3:30から3:40ぐらい。
2㎞辺りから向かい風が強かったりちょっとした上りがあったりでチョイペースダウン。前はいつまでたっても見えないので、このころから逆に後ろが気になりはじめる。
ランも往復のコース。先頭の佐藤選手とは3.5㎞ぐらいでのすれ違い。フォームがやばい。余裕な感じだった。
平松選手、石塚選手とは4㎞以降のすれ違い。井上選手とは500mも離れていないことを確認。が、折り返し後さらにペースは落ちてゆくばかり。6㎞付近で鎌田選手に抜かれ、しばし気合で付いて行くも、限界が近い。7㎞付近では倉内選手に抜かれる。もはや付いて行く気力も無し。レース中につらいと感じたのは初めてかもしれない。
その後順位に変動はなく、このままゴール。あー、つらかった。きつかった。練習不足がもろにでてしまった。
Run 39:20 rank 17 finish 2:12:43 rank 7。
ランでこんなに時間がかかってしまったのは記憶にない。おそらく自己ワースト記録。


ゴール後は顔なじみの人々としばし歓談。ヤマゲンの2つ後輩の相楽くんともご挨拶。彼は体調が悪くて途中棄権しちゃったみたい。日本選手権にも出てるんだって。すごいね。
こうやって知り合いが増えていくのは嬉しいね。困ったのは倉内くんが自分をしきりに日本選手権に出るように誘ってくること。自分、そんな実力ないっす。

今回レース前に悩んでいたのは万全の体調、モチベーションで無い時にレースに出るべきかどうか。やっぱり結果は正直なもので、最後にタレるという悪いレース運びになってしまった。まあ、実力通りといえばその通り。エリート選手と当たって、前半から積極的に追っていって、体力が持たなかったといえばその通り。しかしなんだろ、このやっちまった感。

いやいやしかし、実際にレースに出てみないとわからないこともある。エリートはやっぱり速い。我彼の実力差を体感できただけでも良かったとしよう。

そしてひわさはアットホームでとてもいい大会でした。お世話になった旅館むらかみのおばちゃんは沿道ですげー応援してくれました。バイクコースはチャレンジングなコースでしかも絶景。また来年も行きたいなっと。


ゴーイチ



IMG_0983.jpg
表彰式前の一コマ。徳島といえばこれしかないっしょ。


IMG_0994.jpg
記念の盾はガラス製で立派だぜ。(プラスチックでチープなセントレアとは大違い。)

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。