*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

トライアスロンでは初のエリートレースへの参戦。
チームメイトと共に楽しみにしていました。
少なくとも涼しい間は。。体調が良い時は。。

ところが灼熱の太陽が容赦なく照らし続ける真夏日が続き、疲労が抜けず、その挙句に、、、
レース4日前のインターバルトレーニング後に過呼吸で救急搬送。
病院のベッドで天井をぼんやり眺めながら、その時は100%出場を諦めました。が、何とか自転車を漕げるくらいまでは回復し、残された3日間で可能な限りの疲労回復法を試してみました。
そして、前日の土曜日恐る恐るジムのプールで泳ぎ、ベルトの上を走りました。
苦しくて、わずか1000mスイムと4Kのランで断念。

当日は沢山応援がきてくれる。仲間の参戦があって一緒に激走を誓い合った。

奇跡の回復を信じて、スタートラインに立ちました。

スタートから最初のブイ375mの手前で早くも息が上がってしまい、後方パックの最後尾につけていたものの
全く余裕は無く、1周回手前で2分差のエリート女子選手に抜かれ、泣きそうになりながら周回コーンを回りました。
そのまま再び飛び込んでみたものの、追いかける気力と体力が続かず、コースを外れて止める決断を下しました。

4日前のあの日、救急車を待っている間の、約15分間。悶絶しながら苦しかったあの光景が嫌でも目に浮かびました。

早々のDNFのあと、気持ちを切り替えて仲間の応援にまわり、精一杯激励しました。
そして大いに刺激をもらいました。

次はやります。体調整えます。

次戦は8/12 彩湖ミドル。日がないですが、また暑いですが頑張ろう。

りょうちん宜しく!

アツシ
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Team TRION

Author:Team TRION
チームトライオンはエイジグループの頂点に挑戦し続けるトライアスリートのチームです!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -